トラボルタ、「バトルフィールド・アース」を擁護 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年10月24日 > トラボルタ、「バトルフィールド・アース」を擁護
メニュー

トラボルタ、「バトルフィールド・アース」を擁護

2000年10月24日 12:00

信じる者は救われる「バトルフィールド・アース」

信じる者は救われる
[拡大画像]

アメリカ中の映画批評家から徹底的に酷評されたジョン・トラボルタ主演のSF映画「バトルフィールド・アース」は、全米では惨憺たる成績に終わった。はやくも来年のラジー賞独占は確実といわれる同作のダメージを恐れ、この夏に公開を予定していたトラボルタ主演コメディ「Lucky Numbers」(ノーラ・エフロン監督) は、公開を延期させたほど。その「Lucky Numbers」もいよいよ公開間際となり、トラボルタは各方面の取材を受けているが、意外にも本人は、バッシングなどどこ吹く風といったご様子。それどころか、続編を作る意志もあるという。曰く、「いずれ必ず『ブレードランナー』のようなカルト作品になる」のだとか。そういえば、バーホーベン監督も「ショーガール」について同じことを言っていたような。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi