スウィート17モンスターのレビュー・感想・評価

スウィート17モンスター

劇場公開日 2017年4月22日
64件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

こじらせ女子にヘイリー、最高のキャスティング

知名度のあるスターで近い世代ではほかにいないでしょう、この主人公にぴったりの女優。日本の青春映画だと往々にして、暗い、地味、イケてなくて友達もいないという設定の主人公に平気でイケメンや美少女を起用して嘘くさくなる。でも本作のヘイリー・スタインフェルドは、まずルックスからして(ファッションも含め)イケてない感を醸し出している。それに、「トゥルー・グリット」で感じさせた実年齢以上の精神年齢の高さが、この映画ではネイディーンの中でいろんな思考や感情が空回りしている感じとうまく結びつき、「ああ、こういう子、本当にいそう」と納得できる。

ヘイリーの演技は本当に素晴らしい(あと、ウディ・ハレルソンもいい味出していた)が、脚本はちょっと甘いだろうか。ストーリーに大人の目線で心から共感できるかというと、微妙かなあ。

AuVis
AuVisさん / 2017年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヘイリーのブスっ子ポテンシャルが咲き乱れる快作

ヘイリー・スタインフェルドが『トゥルー・グリット』で姿を現した時、西部劇の薄汚れたタフな少女役があまりにも似合っていて驚いたが、その後のティーンスター路線には、演技も歌も申し分ないけれど、どこか違和感のようなものも感じていた。

平たく言うと、今のヘイリーはあまりにも10代の女の子そのものなのある。持て余しているように見える成長著しい身体、メイクや衣装で磨かれても消し切れていないイモ臭さ、自信がありそうでなさそうなアンバランスな佇まい。そんなヘイリーの属性がこの映画ほどピタリとハマった先例はなかった。

あのダサいジャンパーも含めてこの映画のヘイリーの思春期こじらせ感は完璧である。描写だけを連ねると面倒くさくて甘ったれた女子でしかないはずなのに、人間力とでも呼ぶしかない一本の芯が通っていて、やはり魅了されずにいられない。まだまだ未来はこれからの女優だが、現時点でのベスト・ヘイリーでありましょう。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヘイリー・スタインフェルドあってことの青春物語なのでは?

自分の感情に忠実過ぎて周囲から距離を置かれてしまうあまりにも憎めない17歳が、久しぶりに、ヘイリー・スタインフェルドによって返ってきた感じだ。SEXやドロップアウトに逃げず、結局は家庭と学校という枠内でかすかな突破口を見出していくという物語のフォーマットに、巧く収まるだけの説得力と演技力を持った少女スターは、もしかして、モリー・リングウォルド以来登場していない気がするから。だからか、映画の端々に懐かしい匂いが漂うのは。懐かしいと言えば、ウディ・ハレルソンが演じる愛ある無関心を装う先生も、今は多分、ほぼ絶滅危惧種。昔はいたんだよなぁ、こーゆーせんせー。

MP
MPさん / 2017年4月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好き

テンポ良く飽きずに見れて、私は好きな映画です。ネイディーンのモヤモヤした感情、私にはよくわかります。

あみ
あみさん / 2017年10月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まーまー! あんなにいちゃんいたらいーな 自分の兄貴にされたら、発...

まーまー!
あんなにいちゃんいたらいーな
自分の兄貴にされたら、発狂するけど

gorinaru2525
gorinaru2525さん / 2017年10月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

飽きない

飽きない

saoki_ug
saoki_ugさん / 2017年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本音はさ

恋人が欲しいのではなくて、クリスタに置いてきぼりにされた感じがただ単に寂しかっただけなの。恋愛には余裕な女に見せたいし、慣れてないって思われたくない。ママも兄貴もクリスタも大好きな彼も、イヤらしくてなんか嫌い。本音は、パーティも騒ぐのもエッチなのも憎まれ口も好きじゃないの。

ミカ
ミカさん / 2017年9月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

彼女すきなんだけど・・・

この映画って、ヘイリー・スタインフェルドやウディ・ハレルソンがいいと思う。
ただ映画作りとして後半は飽きてくる。スピードとシーンチェンジの編集がヘタ。映画のキモなのに。
中国人の若者も感じがいい。もっと癖っぽい女性にもてないキャラのほうが良いと思う。
1.女の子は好きな子。ヘイリー・スタインフェルド。コーエン兄弟作品『トゥルー・グリット』が良かった。周りがだれもが平凡な中で、マット・デイモンが最悪でf、ひどかったのに、彼女だけが良かった。
2.ウディ・ハレルソンは「ファーナス/訣別の朝」で印象が強い。いい俳優だと思う。彼がこの映画で効いている。
3.まったく1900年代の米国と変わって自信のない若者達。世界のパワーバランスでこうなっちゃうのか。一方で、映画産業そのものが完璧な商業種ににって中国の金を巻き込んで利益を出している。映画が変わったとゆうよりも時代が、AIが産業構造を変えているんだと思う。
とりあえず、リピートするかどうか分からないから3.5でもいいほう、かな?
で、やっぱり 3.5-3.0です。

そんぼ
そんぼさん / 2017年9月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青春だね ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

主人公のネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は17歳。キスもまだ経験なしの,イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして,教師のブルーナー(ウッディ・ハレルソン)や,母親(キーラ・セジウィック)を困らせてばかり。たったひとりの親友クリスタ(ヘイリー・ルー・リチャードソン)だけが,自分のすべてだと思っていたのに,何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた天敵の兄ダリアン(ブレイク・ジェナー)と親友クリスタが恋に落ちてしまう。

この衝撃的事件により,ネイディーンは父が他界して以来ずっと取り乱しがちな母や,何故かシンパシーを感じる変わり者の教師ブルーナー,自分とは正反対のイケメンで誰からも愛される兄ダリアンなど,自分を取り巻く人々へ新たな視点と気持ちを向けざるをえなくなる。人生は,彼女が思う以上に複雑で,誰もが何かをこじらせながら大人になっているのだ...。紆余曲折を経て映画を作っているアーウィンといい感じになってハッピーエンド。

Takashi
Takashiさん / 2017年9月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鏡の中の自分がナポレオン・ダイナマイトのペドロそっくりだと嘆く主人...

鏡の中の自分がナポレオン・ダイナマイトのペドロそっくりだと嘆く主人公のネイディーン。もうこれだけで良いわー。

アーウィンの部屋にいる時、小さな音で聞こえるgenerationalsの「When they fight, they fight 」に胸キュン。

young爺
young爺さん / 2017年8月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかったというエンディング

ユジク阿佐ヶ谷、初見参。いい雰囲気のミニシアターです。
17歳の女子をやったことがないから、ダメ娘っぷりが「わかるわかる」とは決してならないのだけれど、こんなのあるんだろうなあ、と思ってサクサク観られました。
ラスト5分で展開もよくなって、安心して映画館を後にできたことがよかった。
未来は開かれてる、心を開くきっかけは必ずある、という正統派?映画。俺は、そういうのが好き。

CB
CBさん / 2017年7月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヘイリーの顔芸。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いや笑った笑った。上手いのなんの、この描き方、こじらせ方。
アイドルながらここまでブスでダサい顔演技に徹したヘイリー
は大したもの。彼女がネイディーンというめんどくさい女子を
演じたからこそ生まれた面白さがある。ハッキリいって嫌われ
キャラなのになぜか憎めない、周囲が皆心配してくれるなんて
相当の人たらしだというのにそれに気づかない幼稚な鬱陶しさ。
彼女を包む周囲の大人が(同級生も)皆偉い!兄も親友も母親も
彼氏?もそして最大の功労者!先生も。こんな先生いるんかい?
まさかのハレルソンの名演技。イジメにあいながらもパパには
常に愛されてきたネイディーンだから結局のところ甘え上手だ。
どう見たってニックよりアーウィンだろ?と誰もが思う相性の
良さに(相手を受け入れることで)気付くトロさと素直さは絶妙。
しかしニックやアーウィンへの態度は、男子をその気にさせて
突き落とすし、兄貴に放った暴言も酷いわよ。反省しなさいね。

ハチコ
ハチコさん / 2017年7月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「こじらせ」という表現の破壊力

イケてなければ性格も悪いネイディーンが唯一の親友であったクリスタとイケてる系の兄貴のダリアンがくっついたことによる疎外感でやさぐれる17歳のあいたたたな様子を描いた痛快な青春作品。

冒頭から自殺のスケジュールをペラペラまくし立てる自暴自棄な17歳の少女。
絵に描いたような卑屈さと偏見で暴走しまくる目も当てられない行動をみせるヘイリースタインフェルドが最高にキュートで笑える。
親友のクリスタと兄ダリアンのベッドシーンを目撃してしまい、クリスタと共に頭を抱えるシーン大好き笑。
兄の友人のパーティーに招かれ、クリスタとダリアンにくっ付いて行ったものの、集団にありがちな仲良いグループで固まられてしまい、自分だけ孤立するという冷や汗もののシチュエーションに追い込まれ、我慢の限界の末取った行動が母を迎えに来させるというなんとも泣けてくるシーンがもはや大爆笑。
描いちゃいけない青春のワンシーン笑。

そんな彼女の前に現れた2人の男の子。
心優しい老紳士の様な青年、アーウィンとイケメンのニック。
映画監督としての才能ものぞかせるアーウィンが気になりつつも、やはりイケメンニックが気になるネイディーン笑。
フラストレーションの末、なぜかニック宛てに痴女メールを下書きで書いたつもりが誤送信してしまう件やデートに向けてめちゃめちゃウキウキしている姿が爆笑ながらも読め易い過ぎる展開に既に胸が痛くなる笑。

とりあえずアーウィンが好青年過ぎて救われたラスト。驚いたのがアーウィン演じてる俳優さん31歳らしい笑。見えないけどよく高校生役引き受けたな笑。
あんましクリスタと親友に戻れた描写がなかった気がしてそこは少し残念。
あとは音楽結構良かったからサントラ欲しいな。

2017年05月20日(土)1回目@ヒューマントラストシネマ渋谷
2017年10月14日(土)2回目@キネカ大森

オレ
オレさん / 2017年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

17歳の多感な時期を思い出す映画

17歳なんて時代は随分昔のため、この映画を見て多感な時期を思い出しました。

映画の中のシーンはありがちで共感できるというか、思春期の微妙な時期だからこその記憶をそれぞれ見た人が思い出す映画だと想います。

映画のシーンと同じことを経験してなくても、同じような気持ちをなぜか深い記憶の中や育まれた感情の引き出しから引っ張ってこれるというのは、国を問わず人間って一緒なんだと想います。

できれば同じくらいの年代の人、おっさん、おばさんでも昔を振り返ることのできるいい映画。

みゃん
みゃんさん / 2017年6月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よくいる17歳

主人公や先生がぴったりで感情移入しやすかったです。
ストーリーはひねりなどなく、ちょっともの足りなかた。
親友が喧嘩しても当たり前のように家に(彼氏に会いに)来るのがちょっと泣かせてやりたくなったのはあたしが性格が悪いのでしょうか・・・

ふわり
ふわりさん / 2017年6月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

失恋

実際は恋愛も友人関係も社会的な人間関係も大人の方が遥かに複雑で大変だけど、このくらいの年齢って何もかもを誇大に捉えて敵を作りまくって突拍子もない行動に走りがち。
でもこの頃の失敗なんてどうせ全て笑い話になるんだから、色々やっときゃ良かったなーと取り返しのつかない年齢になってから思うのも世の常。
それにしてもメリケンの学校ってやっぱりいいね、ああいう環境で学んでみたかった。
錦織圭。

66

ヨッシー
ヨッシーさん / 2017年6月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悲劇のヒロイン

こじらせ女子に共感する。かつて自分もこじらせ男子の経験があるのでネイディーンの気持ちが痛いほど伝わってきました。自分だけが悲劇の中心にいるような錯覚に陥るのも同じ。そんなネイディーンが可愛くてずっと見ていたかった。そして何よりネーディーンを演じたヘイリーの表情が抜群に良い。ユーモア性もあるし最後の展開にも満足。
2017-75

隣組
隣組さん / 2017年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

甘酸っぱい

17歳の今、私にとって
この作品の価値観は特別なものだと思う。

あー、この気持ちわかる
この言動わかる 言ってるやってる、、と
沢山共感することあって
私も拗らせてるなと思ったのだが

そもそも私はこじらせ女子は嫌いだ
でもこの子はまっすぐに
わがままで寂しがり屋だ
最後の数分、拗らせって?!となった
きっとこういうことなんだろう
17歳とはこういうことなんだ

なんだか単純だ

でもとても愛おしい
華のセブンティーンなんて言われるほど
溢れてるんだ

甘酸っぱい映画
色んなキュンがつまってる

36
36さん / 2017年6月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヘイリースタインフェルド万歳

な映画。やっぱりこういうアメリカ映画が好き。
というか、こういう映画が好き。なのになんか特殊な設定がないと大きく公開されないのが悲しい。
ホームアローンに向かう前のジョンヒューズの映画みたいな、学校と家族のエンターテイメント。
とにかくヘイリーの顔を見てるだけで楽しい、そんな時間。

ONI
ONIさん / 2017年6月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誰しも身に覚えのある感覚、かも。

 プッと笑っちゃうシーンも結構あって、
 なかなか面白かったし、可愛かった♪

 自分が一番不幸だ、って、
 不貞腐れちゃう・・・
 きっと誰しも身に覚えのある感覚、かも。

たまき
たまきさん / 2017年6月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

64件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi