「静かに迫る人の生き様」残されし大地 Minakoさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

残されし大地

劇場公開日 2017年3月11日
全4件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

静かに迫る人の生き様

初監督作品にして遺作となったジル・ローランさんの作品は、第一原発近くの福島を舞台にしたドキュメンタリー。

帰還困難区域に指定されたその地にたった一人で残り、置き去りにされたペットや家畜の世話を始め、今も続けている松村さん。

パンフレットにもありましたが、このような事態が起こらなければ表面化しなかったであろう松村さんの個性が力強く、でも静かに映画を引っ張ります。

サウンド・エンジニアでもあったローランさんの作品らしい、あらゆるシーンでとにかく音が印象的で、

シャッターの揺れる音、風の音、風に乗る音の割れた放送の声、口笛の響き。

それぞれの場面で普段は色んな音が混在していて、その強弱をつける事でハイライトされるものがあるとか、初めて意識しました。

そしてパンフレットも、まるで雑誌のようにとにかく読み応えあるので、オススメです。

DVDとかamazonビデオとかで、もっと広く見られたら良いのにな。

Minako
さん / 2017年4月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi