「期待しなかったら面白かった」22年目の告白 私が殺人犯です yhさんの映画レビュー(ネタバレ)

22年目の告白 私が殺人犯です

劇場公開日 2017年6月10日
全424件中、56件目を表示
  •  
映画レビューを書く

期待しなかったら面白かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

上映時間がたまたま合ったので見たけれど、出だしから引き込まれあっという間でした。
藤原竜也の映画は初めて見ましたが、割りと他の役者を食ってしまうタイプですね。(上手いのは確か。)

韓国映画の焼き直し過程で色々無理が生じたのか、いくつか疑問はありました。

以下ネタバレ。

1 藤原竜也はどう見ても30代、20年前に大人を二人を縛って一方を殺すのは体力的に無理な筈なのに映画の中では誰もが信じていた。(ヤクザどうやって縛ったんだろ)

2 タクミ(藤原竜也)が軽井沢(?)行くときレンタカーでなくわざわざ開業医に車を借りる必要性を感じなかった。関越だから練馬を確かに通るかも知れませんが。。。

3 伊藤英明演じる刑事が組織のルールまるで無視で、普通あんなに自由に行動できないと思う。警察車両使い放題、事件詳細を勝手に本にして普通にその後も刑事続けててびっくり。

4 妹だけ死体を隠した理由は?連続性がなかったから?その後心の病は治ってないのに殺人をしなかったのは何故?

色々ツッコミどころがありましたが、ハラハラドキドキ、飽きさせない展開で時間とお金を費やす価値はあると思いました。

皆さん演技うまかったですが、キャスター役の仲村トオルは最も重要な役どころなのに、根がいい人なのが隠せないというか、藤原竜也の存在感に食われちゃったかな〜。陰のある残酷な人間には見えなかった。
渡部篤郎とかいっそのこと及川光博一のほうが良かったんじゃないかな(まあ存在感あり過ぎで逆に出た瞬間から犯人臭するかもですが)。

yh
さん / 2017年8月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi