ストリート・オーケストラのレビュー・感想・評価

ストリート・オーケストラ

劇場公開日 2016年8月13日
22件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

実話物にはかなわない

ブラジルでオーケストラ。何となくイメージがわかないなあ、と思いつつ。
最初はばっらばらだった生徒の音が、段々まとまっていくのがいいです。
弦楽器って心癒されるなあ。

生活のために教師になっただけなのに、生徒は「先生」と慕ってくる。
子供はそういうものなのです。学校にいる大人はみな「先生」。
突っ張っていたってまだまだ子供。

悪っぽい生徒が先生に自分と楽器の気持ちを語るところは。
音楽のすばらしさを感じました。
最後綺麗に終わってるのが、ナイス ( ̄一* ̄)b。

fukui42
fukui42さん / 2018年3月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ストリートオ-ケストラ

ブラジル映画は意外と好きです。
実話を基にしているとの事、下町でオ-ケストラを作るとは贅沢な話し。しかも一流のヴァイオリンニストが教えるとは。色々子供達にも問題あり、当たり前でしょうが、あんなに早く上手くなれると信じ難い。
しかしクラシック好きにはたまりません。
コンサートでの曲は聴き入ります。
あのオ-ディションで受かった楽団にずっといるのでしょうね。
最後よく分からずでしたが。又観返したい作品です。

カラバッチヨ
カラバッチヨさん / 2018年3月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  単純 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ブラジルの実話

主人公は神童と言われていたが、オーディションが苦手でブラブラしていた。
そんな時、スラムにある学校の音楽の臨時教員を引き受ける。
子供たちはきびしい環境の中、主人公と信頼関係を育んでいく。
音楽の力を侮ってはいけない。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年10月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんばんは、チケット22枚。カードて払う、急いでくれ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「ストリート・オーケストラ」(セルジオ・マチャド監督)から。
「ブラジルのスラム街の子どもたちによって結成されたクラシック楽団
『エリオポリス交響楽団』誕生の実話を映画化」
この解説に、ストーリーも結末も予想がつくなぁ、と思いきや、
最後に大ドンデン返しの結末が待っていた。
偽造クレジットカード制作など、悪事を繰り返していた子どもたちが、
音楽(楽器演奏)を通じて、荒んだ心が次第に回復していく、
誰もがそう思うストーリー展開に、くさびを打ち込んだ結末かもしれない。
自分たちに音楽の素晴らしさを教えてくれた、バイオリニストの先生が、
演奏する音楽会は、もちろん高額のチケット代が必要になる。
しかし、なんとしても1度観てみたい・・その想いが強かったのか、
チケット売り場で交わされた会話が、
「こんばんは、チケット22枚。カードて払う、急いでくれ」
人間、そう簡単には変わらないし、逆に子どもたちの「したたかさ」に、
拍手を送りたくなったほど、印象に残ったシーンである。
上司の葬式の日、翌日からの意識改革を堅く誓った役場職員らが、
実は、翌日に職場に戻れば、また同じ仕事ぶりに逆戻りしてしまう、
そんな人間の心の弱さ、したたかさを描いた、
映画「生きる」(黒澤明監督)のラストシーンと似ていた。
実話だからこそ、この後のスラム街の子どもたちの様子が気になるなぁ。

shimo
shimoさん / 2017年6月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

理解が追いつかない

ドラマの総集編をみているようで、話のつながりがわからなくついていけないところがあった。
また、スラムという環境なのに、ひとりひとりに(高級そうな)楽器が与えられていることに違和感を感じた。

kotosuke
kotosukeさん / 2017年1月30日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シティ・オブ・ゴットほどでは

ストーリーに惹かれて鑑賞しましたが、「シティ・オブ・ゴッド」ほどのインパクトはありませんでした。

スラム街の貧者の怒声とクラッシックの美しい音色が混じりあったら、もう少し盛り上がったかな?

ミカ
ミカさん / 2016年12月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いろいろ足りない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 もっと泣けていいと思って、泣きに行くつもりでいたら、ドライな表現で全然そうはならなかった。

 主人公が、元から高い才能の持ち主なのはいいとして、特に音楽にそれほど情熱や感動があるように描かれていなかった。水曜日しか授業がないようであったが、他の曜日は何をしていたのだろう。楽団に合格した後も両立が本当にできないのか疑問であった。ちょっと頑張るとか調整すればなんとかなりそうに思う。

 生徒とのふれあいが少ない。どうやって音楽に気持ちを向けさせたのか大して描かれていなかった。ギャングに襲われて撃退させたとのエピソードくらいのものだった。輪になってアドリブ演奏していたけどだいぶ上達した後だった。

 最後の演奏会は、てっきり重要なコンクールなのかと思っていたら自主演奏会みたいで、それなら本当に楽団と両立できるじゃんと思った。演奏会での客の表情などが一切なく、観客に受けているのか不明だった。

 実話を元にしているとの事であったが、生徒が警察に撃たれて死んだのも実話なのだろうか。

 スラムの感じはよかった。行ってみたい。

 映画より、バラエティの再現ビデオで見た方が感動しそうだった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2016年12月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小浜

映画の技術的なことでいうとそんなにだったけど、ブラジルの現状とそこで生きる人たちのストーリーはよく伝わってきた。
ブラジルもそうだけど、多くの国で多くの才能ある人間が死んだり埋もれたりしてるんだろうな。
それにしても音楽は偉大。

86

ヨッシー
ヨッシーさん / 2016年10月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最初良かったんだけど... ラストにかけて う〜ん クラスの子達を...

最初良かったんだけど...

ラストにかけて
う〜ん

クラスの子達を選んだのかと思ったら
ちゃっかり
オケにも参加(笑)
寝ずにオケと学校行き来してたのかな⁈

も少し
感動に持っていけそうなもんだが
あんなものなのか?

snowball
snowballさん / 2016年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

月並みだけど

ストーリーは最初から分かってる感じの月並みさだけど、それでも安心して音楽に泣けます。

ブラジルのスラムは本当にイキテいくのが大変だというし、そこでクラッシックっていうのがミスマッチで素敵です。

サッカーじゃベタ過ぎるでしょ。

ちこどん
ちこどんさん / 2016年10月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ストーリーはよくあるやつ

なぜかな、ドラマと音楽パートのバランスがそれほどって感じがする。
良い映画、なんだろうけど僕には物足りなさを感じたりする。生徒をまとめきれてない感が先生にも脚本からも伝わってくるんだよな

そいち
そいちさん / 2016年10月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽好きなら、、、

スラムに響くマタイとその意味に驚く。バッハをネタにバイオリンとウクレレ(かな?)でやる2人のセッションも良いし。全員のクラシックインプロ回しとかのシーンも良かった。音楽好きでノンジャンルの人は感動すると思います。

nomohiro-x
nomohiro-xさん / 2016年9月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

美しく、悲しい、力強いストーリー

始めの息の詰まるような重苦しい展開から徐々にストーリーを動かしていってクラシックの軽やかさとスムーズな音楽でキレイなストーリーを展開していく中盤は非常に引き込まれる展開で面白かった

ただ、終盤の物語の中心であったサムエルの描き方は妙に雑に感じた
中盤までの構成が魅力的に感じただけにかなり残念な印象
終わらせ方もちょっとそれはアレなんじゃないのと思わせるシーンがあって残念な終わりに感じた

それでもストーリーには引き込まれたし、トータルで見て終盤だけで駄作とするにはもったいない、そう思わせるだけの映画の流れがあった
なかなか、いい作品だと思う

あずにゃん2号
あずにゃん2号さん / 2016年9月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最近似たようなドラマが多い

先日観た「Les Heritier」(邦題「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」)も落ちこぼれの学生たちが歴史コンクールを目指して努力するうちに、様々な問題に立ち向かえるようになっていくという映画だったが、こちらはスラムの子供たちが音楽を通じて荒んだ生活から抜け出そうとする映画だ。「Les Heritier」のレビューにも書いたが、日本で放送中のドラマ「仰げば尊し」に似ている。設定は少しずつ違うが、コンセプトは同じである。
同じコンセプトの映画やドラマがフランスとブラジルと日本で同時期に作られたのは、偶然ではないと思う。

世界は価値観が停滞し、閉塞状況にある。共同体や組織の同調圧力が強く、個人の価値観は軽んじられるのだ。そして個人の価値観を実現するためには共同体の価値観に認知されることを目指すしかないという撞着に陥る。結局は金持ちになるかならないかという話になってしまう。勝ったら金持ちになるスポーツマンと同じだ。
この映画も例外ではなく、だから抜本的な救済はない。しかしシビアなブラジルで作成された映画だけあって、日本のドラマと違って安易な和睦に至ることなく、現実を見据えたままだ。世界は救いようがないが、それでも人生がある。

耶馬英彦
耶馬英彦さん / 2016年9月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

音楽の力とブラジルのパッション ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

楽曲と楽器と演奏者が創る一回限りの芸術に、人を変える力がある。

そのことを直接的ではなく伝えている映画と思った。クラシックの普遍性?のようなものを感じた。

VRとサムエルがセッションしているシーンには、ブラジル音楽がクラシックと一緒に響いていてとても良かった。このシーンの音楽だけで私はこの映画観て良かったと思いました。

苦しみが深いと救いも近い…と良いのですが。単純な救いになっていない所もハリウッド的ではなく、好きです。

Momoko
Momokoさん / 2016年9月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽映画?確かに良作!でも、、、

どこが盛上り所かと言われると難しい。ドラマを優先していて音楽がメインではないから、あまりグッと来る演奏シーンがなく期待からは外れた。ただ、ブラジルのファベーラの雰囲気と生活感がリアルに感じられ、そこで金にならない音楽に熱中していく子供たちの直向きさが伝わってくる。

j939v
j939vさん / 2016年8月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ある意味,音楽という主旨は狡くないかい⁉︎

内容としても衝撃的さも無く、一番の印象がエンディング・ソング?テーマ?というのかなぁ〜❓格好えがった❗️(という程、中身に此処だろ!が無かった)。

サクちゃん
サクちゃんさん / 2016年8月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽による救済 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

実話ベース(ファヴェーラでの暴動は事実だが)てわけでもなく、どうしてこういう本にしたのかがよくわからない。邦題も相変わらずミスリードしているように思う。原題は「Tudo Que Aprendemos Juntos」(我々が一緒に学んだすべて)、英題は「The Violin Teacher」だし。これは制作側の責任ではないが。

どうせなら子供視点でエル・システマに絞った主題であった方が‥とは思う。主人公のドラマがイマイチ弱く感じたので。教えてる立場のはずが逆に学ばされた、ていうことなんだけど彼の場合は子供達のような環境が問題ではなく内なる弱さに起因する問題。そういう彼にあれほど子供たちが慕う理由付けが薄いのも残念。

これ撮ってるときと仕上がったときでは違う作品になってるんじゃないかと疑いたくなるなあ。ただ最後に子供たちがコンサートのチケットをカードで買うシーンは好きだな。したたかでたくましい。

ハル
ハルさん / 2016年8月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽の素晴らしさとスラムの現実 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

プロ奏者を目指すもなかなかうまくいかず、とりあえず仲間から紹介してもらった仕事であるスラムの子供達の楽器の先生の仕事を始める主人公。
全くやる気の見えない子どもたちに相手に奮闘するが、子どもたちと触れ合う中でスラムの中での彼らの酷い暮らし、まさに夢も希望もないような暮らしを知っていき、この仕事に真摯に取り組み始める。
それぞれが自分のパートを全うしないと成り立たない合奏。その中でこれまで目標も何もなかった子どもたちが本気で打ち込み始める姿と、その上達に感動しました。
後半でとても辛い事件が起きます。どちらかというと感動よりも、スラムの辛い現実が浮き出る作品だと思いますが、見て良かったと素直に思える映画でした。

ふじ
ふじさん / 2016年8月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあ

少し寝てしまった。
よくあるストーリー、キラリとしてるものも見つけられず淡々と。
強いて言えばラストが意外だったな。

kyocool
kyocoolさん / 2016年8月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

22件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi