二重生活 : 映画評論・批評

メニュー

二重生活

劇場公開日 2016年6月25日
2016年6月21日更新 2016年6月25日より新宿ピカデリーほかにてロードショー

“理由なき尾行”にのめり込む女性を、門脇麦が緩急自在に演じきる

「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか」

この観念的な問いかけを前に、大学院で哲学を学ぶ主人公の珠(門脇麦)は立ち尽くしている。そんな彼女に、修士論文の担当教授(リリー・フランキー)が与えたアドバイスは、“哲学的尾行”の実践だった。尾行をすることがなぜ、人間存在を解き明かす方法になるのか、珠も観客もピンとこない。珠は偶然街で見かけた隣家の石坂(長谷川博己)の後を衝動的に付けてみたところ、妻とは違う女性とビルの隙間で激しい愛の行為を交わす光景を目撃する。そこから珠の“理由なき尾行”の日々が始まる。

最初は、セーフティゾーンから高みの見物をしていたはずが、尾行にのめり込めばのめり込むほど、それまで受け身かつ平穏に生きてきた珠の日常に波紋が生じる。その結果、彼女は初めて他者の人生を通して、自分にきちんと向き合わざるをえなくなる。この、特別ではない24歳の1人の女性を、針の穴に糸を通すような制球術で表現したのは、若手実力派の筆頭に挙げられる門脇麦だ。

画像1

例えば、同棲相手の卓也(菅田将暉)と話すときの、半音キーが高くなる声色に、珠が無意識で抱える「嫌われたくない」という臆病さと、男性に対する女としての傲慢さや媚びが微かににじむ。また、尾行中に高まる好奇心や興奮を瞳の輝きで表現し、論文のためという大義名分で慌てて取り繕おうとする顔もたまらない。

主人公が哲学について、机上でネチネチ考えるだけの映画は画にならないし退屈だ。その点、珠が石坂を尾行するというアクションにより、画面は突然に活気づき、スリルと興奮の色を帯びていく。それにより、観客の出歯亀的好奇心が刺激されるのは間違いない。また、どこに行くかわからない対象を追いかけて、電車に飛び乗り、カフェに飛び込み、手持ちのお金に不安になるという、まるで「はじめてのおつかい」のようなハプニング性のある日常における冒険譚は、エンタメとしてやはり強い。

監督は、ドキュメンタリー出身で、本作で長編映画デビューを果たす岸善幸。ワンシーン・ワンカットの手法での撮影が、役者たちの色気を引き出し、この作品に生々しさを加味している。

須永貴子

関連コンテンツ

特集

背徳、なんだこのスリルは……他人の秘密を《尾行》でのぞき見 あなたも禁断の行為《理由なき尾行》を体感しませんか?
特集

門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキーという、今最も注目を集める実力派俳優4人をメインキャストに、哲学論文制作のために「尾行」に没頭する女子大学院生の姿を描く「二重生活」が、6月25日から全国公開される。尾行によって目撃され...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

二重生活 Blu-ray スペシャルエディション[Blu-ray/ブルーレイ] フィルム・ノワール ベスト・コレクション 二重生活[DVD] 二重生活[DVD] 二重生活[DVD]
二重生活 Blu-ray スペシャルエディション[Blu-ray/ブルーレイ] フィルム・ノワール ベスト・コレクション 二重生活[DVD] 二重生活[DVD] 二重生活[DVD]
発売日:2016年11月25日 最安価格: ¥3,836 発売日:2013年6月7日 最安価格: ¥2,426 発売日:2016年9月7日 最安価格: ¥3,175 発売日:2016年11月25日 最安価格: ¥3,036
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全69件)
  • 探偵じゃないのに尾行 尾行するのは探偵か警察という固定観念がある。まさか、女子大生が論文書くためにとは、長谷川さんじゃなくとも、信じ難いだろう。 尾行して、良い論文書けたのかな?他人を観察したって行動記録であり内面は... ...続きを読む

    朝の視聴者 朝の視聴者さん  2017年6月24日 18:32  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 何が二重生活か分からなかった 尾行と言うだけあって、目線的な映像もある。 荒削りな低予算映画?的な感じもあるが、役者はそろってますね。 しかし、予告編からの期待とはうらはら・・・ サンプル数が少ない中で修士論文が書けるのか?... ...続きを読む

    シネパラ シネパラさん  2017年6月18日 15:10  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 展開が気になって目が離せない 『尾行』そのものが、はらはらする中、登場人物たちのそれぞれのプライベート、悩み、事情が、時とともに努力や対応で形を変えていく。結局みんな悩みを抱えているが、みんな自分なりの努力をしていく。 ...続きを読む

    yuriko yurikoさん  2017年6月14日 13:51  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi