ゲキ×シネ「蒼の乱」のレビュー・感想・評価

ゲキ×シネ「蒼の乱」

劇場公開日 2015年5月9日
7件を表示 映画レビューを書く

堂々たる天海祐希が最高!!

将門(松山ケンイチ)が武力99知力3の呂布のようなキャラのお蔭で物語が盛り上がります。主人公は亡国の元将軍・蒼真(天海祐希)で、武力85知力95魅力100といった感じです。常世王・平幹二朗は西洋の王のような風格があります。公家の中で手強い弾正淑人(よしと)は梶原善で、飄々としており良い役者だなと改めて思いました。脇も皆素晴らしいですが、本気モードに入ってからの天海祐希が最高です。「私は将門御前!」と啖呵を切る所は号泣しました。ストーリー・演技ともに興奮しましたが、残念ながら劇中歌が印象に残りませんでした!!

アンジェロ
アンジェロさん / 2016年11月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

舞台とはまた違う楽しさ

舞台も見ましたが、映画で「あの感動をもう一度」と見に行きました。

編集で短くなっているとはいえ、充分に再現されていて満喫できました。また、映画だと役者の顔のアップで細かい表情が見られるのが良いですね。

HiromiK
HiromiKさん / 2015年7月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゲキシネ初めてでしたが

大満足して見終えました。女優さん俳優さんの本当の力量を思い知らされました。とても興奮しました。舞台装置、馬、衣装もよく作り込まれています。笑いを誘うセリフも沢山盛り込まれている為、見ていて飽きません。これを映画鑑賞料金で体験できるなんて、ゲキシネいいですね。
ストーリーは一見単純ですが、争いの発端と終焉という深いテーマを扱っていて、考えさせられました。

MIDI
MIDIさん / 2015年5月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

TVやDVDでは体験できない面白い世界!

全く知らなかったゲキシネ。
ドロマチックな立ち回りに歌と踊り。
ミュジーカルではないが、
劇場を映画で体験できるシネコンの面白さ。
ヤミつきになりそう!
物語はわかりやすい将門神話で関東人にはオススメ。

kthyk
kthykさん / 2015年5月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

此処十年で一番の大傑作劇だと再認識。時代のうねりを現し、人の魂を託...

此処十年で一番の大傑作劇だと再認識。時代のうねりを現し、人の魂を託して護った物語。キャスト、色彩、音も完璧な組合せで映像化されてる。生芝居の空気肌感だけは芝居小屋だけの物だけどね。時空を超えてまた観られて幸せ。(^。^)

Bee
Beeさん / 2015年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感激!感動!格好いい! 感情揺さぶられます。

天海祐希さんの舞台挨拶上映に行ってきました。ステージサイドからお出ましになられたとたん、とてもいい香りが会場に。ふつう進行の方が話を振ってそれに応じていくところを天海祐希さんは自分からどんどん裏話なども話してくれてほんとに気さくで飾らない素敵な女優さんです。去年の舞台の映像化の感想として一年前の自分が幼い、常に成長していきたいとの言葉に感動しました。
さて、ゲキシネですが、今回映像作品として編集されていて、効果的なスローモーションや色んな角度の映像が使われていて臨場感、迫力すごかったです。舞台上映も見に行きましたが一年前の感動が甦りました。そして松山ケンイチさん、早乙女兄弟はじめ殺陣がすごかった。所々物真似やお笑いどころもはいって、見ている側の喜怒哀楽の感情が次から次に沸き上がって最後まで残さず楽しめました。見所ばかりですが、蒼真が将門御前に切り替わるところや将門の最期はとても印象に残ります。
上映中ずっと天海さんの残り香が漂っていました。また見にきたいと思います。

neco3
neco3さん / 2015年5月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生の舞台とは違った魅力

ゲキシネ『蒼の乱』を鑑賞。
2014年に上演された劇団☆新感線の同名舞台のデジタル映像化作品である。

平安時代。朝廷の貴族たちが贅沢な暮らしを送る一方、地方では人々が重い税に苦しんでいた。渡来衆の長である蒼真(天海祐希)は武士たちに襲われたところを将門小次郎(松山ケンイチ)に助けられ、彼と恋に落ちる。夫婦となって小次郎の故郷である坂東の地へと向かったふたりは、運命に導かれて反乱軍の長となり、朝廷との戦いに身を投じていく。

ゲキシネは今まで舞台同様に途中休憩を挟んでいたが、今作から休憩なしの編集で上映時間を短縮する事に成功しており、同時に鑑賞価格も値下げされている。

相変わらず天海祐希の舞台での存在感は素晴らしい。
歌唱力はもちろんだが、何とも華があり女性が観ても惚れ惚れするであろう。早乙女太一の殺陣もキレッキレで見応え抜群。そして、平幹二朗の貫禄たっぷりな重厚感。
主演の松山ケンイチは舞台俳優としては今ひとつパッとしない感じではあったが脇を固める豪華キャストの助けもあり、結果的に素晴らしい作品に仕上がっていた。

生の舞台を観劇するに越した事はないが、チケットも高額だし、そもそも入手困難な劇団なので、1800円で観られると思えば決して高くはない。

劇団の新感線の舞台を観た事がない方にこそ是非映画館で観ていただきたい作品である。

えのきち
えのきちさん / 2015年5月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi