王妃の館(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

メニュー

王妃の館

劇場公開日 2015年4月25日
5件を表示 映画レビューを書く

何が目的だったのか… ネタバレ

一つの部屋を二つのツアー客が空いた時間に交互に使用し様々なハプニングが起きる映画と、その中の一人小説家として参加した水谷豊さんに焦点が当てている映画。

であっているかな?
というくらいに、途中で変な回想シーンなどが挟まり映画の見所、目的が何だったのかを見失ってしまう内容だった。一つの部屋を二つのツアー客が交互に使用してハプニングが起きるという発想は面白いとおもう。だからこそそれに重点を当てて面白く描いたほうが楽しかったのでは?水谷豊さんの小説の話はまた別にしたほうが良いと感じた。

けちゃん
けちゃんさん / 2015年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

発想は好きだけど…… ネタバレ

あくまで日本クオリティですよね。
やっぱり気になっちゃうのはフランス人なはずの人、が日本人であること。

違和感半端ないですからね、金髪のヅラが似合わない。
鼻低いなぁ、とか目が細いなぁとか思っちゃって。
日本人が書いてる小説の想像の上の人達だから、って納得させて考えても、うーんんんん、なんかこそばゆい感じ。

原作があるから発想自体は面白くて、だからなんでもっと突き詰めて作れなかったのかな、って思いました。

フランス語を所々に入れてたのはオシャレだな、と思いした。
スイーツオシャレだし美味しそうでしたね。

まーこんなもんなのかなーって言うのが正直な感想ですかね。

小枝
小枝さん / 2015年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

右京の館。 ネタバレ

原作は読んだことがないのだが、どうやらコメディ?らしい。
う~ん、相棒と同じ右京という名前で前宣は盛り上がっていたが、
私的に絶対あっちの右京の方が面白いと思うし好きだ。悪いが^^;
格好風貌は水谷の独創性が活きて面白いけど、物語は不可思議が
蔓延して特に後半はミュージカル体制がエラく長い。これがまた
本家フランス人が演じているのならともかく、日本人が鬘被って
延々とやってくれる。某シネコンで今作がマナームービーとなって
かかっていたのだが、そこでの嫌な予感はすでに当たっていた。
本筋であるドラマ(ダブルブッキングツアー)のドタバタ劇と、作中
で右京が執筆している小説が入れ替わり立ち替わり入ってくるが、
(しかもほぼ日本人キャスト)突然ルイ14世と云われたってさぁー。
石丸幹二は似合っていたが^^;本筋のダルいドラマと極端な寸劇の
パートが「物凄く豪華なロケ地」の撮影にそもそも貢献していない。
だいたい潰れそうな旅行会社に200万払って豪華ツアーに申し込む
客なんてそうそういるもんだろうか?同室を利用しつつ時間差で
客を入れ替えるだなんて、じゃあ夜中はどこにいるのよ?片方は。
とそっちが気になって仕方ない。あり得ないことをやっているから
いつかはバレるのが承知とはいえ、そこに繋がるドラマも極浅い。
ベタに楽しめればいいのだろうが、相棒の右京さんが記憶に甦り、
ちょっと、よろしいですか?と余計な方面まで考えちゃう始末。
というわけで、ロケ地風景配色衣装料理について評価したい作品。

(浅田さんこれ観て面白いと思ったかな?右京の扮装は誉めてたけど)

ハチコ
ハチコさん / 2015年5月12日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フランスオサレ映画かな ネタバレ

フランスの美術を堪能できる映画。
Wブッキングのあわただしい流れとか好きです。

MARメルメ~
MARメルメ~さん / 2015年5月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私には時間の無駄映画でした ネタバレ

相棒と同じ「右京」と名乗っているから、ミステリ要素があるのかもと、思ったがそれも無く…だからといって、ドタバタコメディかなと思っても笑える箇所は無く…。
印象はフランス観光な映画でした。

いろいろ設定に無理があって、その設定が気になる。
ルイ14世やその子供プティルイなど、その時代のフランス人が金髪日本人のキャスト。
プティルイが母親を「ママン」なのに、ルイ14世には「お父さん」。
ストーリーも盛り上がりなく、水谷豊が大好きさん向けな映画でした。

michil
michilさん / 2015年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi