マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズのレビュー・感想・評価

マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ

劇場公開日 2014年5月9日
5件を表示 映画レビューを書く

デザイナーのミューズ

フランス版「ヴォーグ」の編集長をやめ、独立して「CR」というファッション雑誌を立ち上げたカリーヌ・ロワトフェルドのドキュメンタリー。
同じようなドキュメンタリーがあったが、この人は女神色が強く、一緒にいると何か楽しいことができそう、という雰囲気がある。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年8月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美魔女

ピンヒールにタイトスカート、胸元の開いたシャツ。年齢を感じさせない努力に、いやいやあっぱれでした。

日本人女性も人の目を気にしないで、行きましょう!胸元の開いたシャツは、年齢を重ねた女性の方がステキですね。

ミカ
ミカさん / 2015年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オシャレ業界の裏側

アナ・ウィンターの『ファッションが教えてくれること』のフランス版といった感じ。文句なくオシャレなマドモアゼルcはそこにいる佇まいだけで必見の価値あり。

cs
csさん / 2014年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しさは不思議

綺麗なドレスとアクセサリー、

それと幻想的な画を観るために出掛けました。

海外のファッション誌やブランドの広告写真って、美しいけど何故かシュールで、
少し人を不安な気分にさせる。

でも、それから目が離せない、
心に残ってしまう……

期待通り、そんな美画像とそのメイキング映画でした。

ドキュメンタリーだけど、主人公が元フランス版『ヴォーグ』編集長を辞めて新雑誌『CR 』を発行するまでなので色々ドラマはあるのですが、その部分は案外ポップに描かれております(*´∇`*)

だいたい、ファッション(ショー)って何なんでしょう?
そこで発表される服は、奇抜だったり、余りにもドレス、ドレスし過ぎて、一般の人には身に纏うチャンスが無い。

それでも人々がファッションに夢中になるのは何故か?

映画コピーにもあるピンヒール。

私はペッタン靴しか履かない人間ですが、確かに『ヒールの高い靴を履くと踵が上がって足の甲のラインが綺麗に見える』

ヒールを作った人はこの美しさを
他者に見せたい、理解して欲しいと思って発表したんですよね♪

ファッションショーは『万人に受け入れられるフェティズムを見つけ出して発表する場』なんでしょうか?

恩田かーや
恩田かーやさん / 2014年6月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全盛期を過ぎた?とあきらめている女性へ

日本で言う『還暦』前の現在59歳、タイトな服をまとい、12㎝ピンヒールに日々拘り続け、真の『美』と闘い続けるそのストイックなスタイルに同じ女性はどのように想うだろう?
フランス版『VOGUE』に革命を起こしつつ編集長を10年務め、独立。古巣に喧嘩を売るかのごとく新雑誌『CR』を企画・製作、爆発的ヒットを産み出した彼女のドキュメンタリー。
とてもスタイリッシュな映画。美しい映像、美しいストーリーの映画はあまたあるが、女性をこれほどまでに美しく描く映像の数々はこれまでになかったのでは? 美を生業にしているモデルさん達をマダモアゼルC - カリーヌ・ロワトフェルドがより一層にその魅力を引立たせる魔法術に感嘆し、退屈しない映画。中でもカンヌのブラックで統一させたファッションショーは圧巻。

myaa1969
myaa1969さん / 2014年5月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi