ヴィオレータ、天国へ
ホーム > 作品情報 > 映画「ヴィオレータ、天国へ」
メニュー

ヴィオレータ、天国へ

解説

チリを代表するフォルクローレ歌手で、音楽による社会変革を志すヌエバ・カンシオン運動の先駆者としても知られる女性アーティスト、ビオレータ・パラの波瀾万丈な人生を映画化。貧しい家庭で育ち、幼い頃から街角で歌って日銭を稼ぐ暮らしを送っていたビオレータ。成長してフォルクローレ歌手となった彼女は、民謡の研究や曲作りにのめり込んでいく。そんなある日、ビオレータは若いスイス人男性と恋に落ち、一緒にフランスへ渡るが……。2012年・第9回ラテンビート映画祭で上映。

スタッフ

監督

キャスト

作品データ

原題 Violeta se fue a los cielos
製作年 2011年
製作国 チリ・フランス・アルゼンチン合作
上映時間 110分
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi