最終目的地 : 映画評論・批評

メニュー

最終目的地

劇場公開日 2012年10月6日
2012年9月25日更新 2012年10月6日よりシネマート新宿ほかにてロードショー

辺境の地で身動きがとれなくなった人間たちの“最終目的地”

だいぶ前にピーター・キャメロンの原作を読んだときから、映画の公開を楽しみにしていた。この原作には、ヘンリー・ジェームズやE・M・フォスター、カズオ・イシグロなど、ジェームズ・アイボリーが好んで映画化してきた作家に通じる世界があるからだ。故郷との距離や異文化を背景に、登場人物たちの内面が炙り出されるといえばよいか。

それに加えてこの物語の場合には、死者が登場人物たちを結びつけていくところが興味深い。著書を一冊だけ残して自殺した作家が、彼の伝記執筆の公認を得たいイラン系アメリカ人の大学教員とウルグアイの辺境に暮らす作家の遺言執行者たちを出会わせる。

作家の未亡人、愛人とその娘、作家の兄とそのパートナーは、辺境の地で作家の不在という空白に囚われ、時間が止まってしまったような空間を生きている。しかし、大学教員が泥濘(ぬかるみ)に足をとられるエピソードが示唆するように、彼もまた最初から自覚のないままに身動きがとれなくなっている。

このドラマに劇的といえる展開はほとんど見当たらないが、それでも私たちを引き込んでしまうのは、原作の饒舌な言葉が簡潔な映像言語に置き換えられているからだろう。ナチスの迫害を逃れて南米に渡った一族の歴史を刻むホームムービー、作家の未発表原稿、兄が隠し持つ亡母の宝石などから、登場人物たちの心の揺れや変化を想像していくうちに、それぞれの新たな“最終目的地”が見えてくるのだ。

大場正明

関連コンテンツ

インタビュー

アンソニー・ホプキンスと恋人役 真田広之が文芸作で見せた新境地
インタビュー

日本とアメリカをまたにかけ活躍する国際派俳優・真田広之。「上海の伯爵夫人」に続きジェームズ・アイボリー監督と2度目のタッグを組んだ本作は、南米ウルグアイを舞台に、米作家ピーター・キャメロンの同名小説を映画化した人間ドラマだ。真田はアン...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

最終目的地[DVD] 最終目的地[Blu-ray/ブルーレイ] 最終目的地 スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最終目的地[DVD]
最終目的地[DVD] 最終目的地[Blu-ray/ブルーレイ] 最終目的地 スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最終目的地[DVD]
発売日:2013年4月12日 最安価格: ¥3,009 発売日:2013年4月12日 最安価格: ¥4,071 発売日:2014年6月11日 最安価格: ¥1,432 発売日:2014年6月11日 最安価格: ¥927
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全8件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi