東京新撰組(1950)
ホーム > 作品情報 > 映画「東京新撰組(1950)」
メニュー

東京新撰組(1950)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

佐々木康監督の「女性三重奏」に次ぐ作品、脚本は「長崎の鐘」の共同脚色者光畑碩郎に、岸東助が協力して書いたもの。主役は、「お嬢さん罷り通る」の若原雅夫と西條鮎子に、月丘夢路、河村黎吉、徳大寺伸、堺駿二などが、これを援けて出演している。製作は新人田岡敬一。

ストーリー

浦島真吉は、腕力も胆力もなく、その上悪意もない街の愚連隊の一人であったが、好意を寄せているビンゴホールの看板娘明代から、「男を売りなさい」と励まされて、「街の英雄」になりたいと志す。やくざグループの一つ梅沢組の親分藤蔵は、女房に逃げられた淋しさから、明代を口説きにかかっていたが、明代はこれを幸いと、真吉を藤蔵親分にひき合せた。梅沢組は、新興の榎木組に押されがちで、子分も少なかったので、真吉は早速子分にして貰うことになるが、手土産として、榎木親分を叩きのめして、二度と梅沢組の縄張りへ足ぶみさせないようにすると約束してしまった。榎木組の者がビンゴホールへカスリを取りに来たことを明代から報告されて、真吉は乗り込んで行くが、元々腕力に自信のない真吉は返って向うから因縁をつけられて逃げ出そうとしたとき、折よく追いかける榎木組の連中の上へ材木の足場が崩れ落ち、一同その下敷となり、真吉は手を濡らさず一躍英雄に祭りあげられた。真吉はこうして次第にこの世界の深味にはまり込んで行った。新撰組の殺人事件の目撃者千葉英子とその夫とは、そのため生命を脅かされていて、真吉にその助けを求めて来たが、折しも、梅沢組は榎木組と共に新撰組へ加入を勧められた。真吉は新撰組が、暴力を以って弱い人々を苦しめ、殺人もあえて辞さないという真相を知って、初めて自分の踏み込んでいた世界の醜悪さを悟り、ようやく悪と闘う闘志が湧きあがり、鬼怒川の隠家から新撰組のために連れ出された千葉英子の夫を救うと同時に、警官隊と協力して新撰組を一網打尽にしてしまった。しかし新撰組の残党は真吉に復讐しようと目を光らせている。真吉と明代とは共にその恐ろしい東京を逃れて、一路西へ走る列車中の人となっていた。...

スタッフ

監督
脚本
光畑碩郎
岸東助
製作
田岡敬一
撮影
斎藤毅
美術
濱田辰雄
音楽
万城目正

キャスト

作品データ

製作年 1950年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

昭和の名作ライブラリー 第25集 見合い恋愛 DVD-BOX HDリマスター版[DVD] 木下惠介生誕100年 カルメン純情す[DVD] 父恋し[DVD] 姉妹[DVD]
昭和の名作ライブラリー 第25集 見合い恋愛 DVD-BOX HDリマスター版[DVD] 木下惠介生誕100年 カルメン純情す[DVD] 父恋し[DVD] 姉妹[DVD]
発売日:2016年7月29日 最安価格: ¥16,200 発売日:2012年9月26日 最安価格: ¥1,990 発売日:2007年5月25日 最安価格: ¥3,201 発売日:2007年5月25日 最安価格: ¥3,201
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi