人形佐七捕物帖 裸姫と謎の熊男
ホーム > 作品情報 > 映画「人形佐七捕物帖 裸姫と謎の熊男」
メニュー

人形佐七捕物帖 裸姫と謎の熊男

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

人形佐七捕物帖シリーズの第七話。横溝正史の『雪女郎』を「闘争の広場」の共同執筆者・宮川一郎が脚色、「復讐秘文字峠 (前後篇)」の山田達雄が監督した。「若君漫遊日本晴れ 善光寺黄金道中」の河崎喜久三が撮影を担当した。

ストーリー

ある雪の夜、文珠屋の小間使お雪が姿を消した。女目あかしおそでが捜査をはじめたが、決めてがなかった。彼女が夜ごとに言いよる文珠屋主人のもとから逃れたがっていたことは解ったが、それだけでは罪にはならない。そのうち文珠屋に脅迫状がまいこんだ。そして彼は雪の夜に死体となって発見された。日頃から文珠屋と犬猿の仲だった春日屋にけんぎがかかった。だが脅迫文の字と春日屋の字とは筆跡が違っていた。現場に熊の毛があったところから、人形佐七がのりだして、熊男の捜査をはじめた。佐七は被差別民の小屋の頭のもとで熊男を見つけた。しかし彼は逃げて姿をくらましてしまった。熊男を追って上総屋の茶室に忍びこんだ佐七はそこで二人の腰元と上総屋の死体を見た。佐七の第六感がひらめいた。今行方不明を伝えられる松平藩の姫君綾姫と、お雪はうり二つの顔をしているのである。--その頃、綾姫は熊男の手で、ある土蔵の二階で町娘の衣類を着せられていた。やがて、同じ江戸の豪商越後屋にも脅迫状がまいこんだ。源八郎と名のる謎の男が、どうやら総ての事件のかげで糸をひいているらしい。佐七は、考えこんだ。彼は被差別民に身をやつして彼ら仲間に入りこみ、お雪を見つけた。そうした時、また越後屋がついに殺されてしまった。足あとは熊男のものらしい。お雪の口から聞き出せたのは、文珠屋の手を逃れて自殺を計った時、態男に助けられたこと。そして、怒った熊男が文珠屋にのりこんだことだった。佐七は熊男の正体をみきわめるために、口入れ屋を歩きまわってみた。鳶の者で、は組に働く吉松という男も、何か事件に関係があるらしい。その夜、春日屋から出火して火事がおきた。岩松という男の死体がそこで見つかった。事件の謎は、ますます深まっていく。...

スタッフ

監督
脚色
宮川一郎
原作
横溝正史
企画
金田光夫
製作
大蔵貢
撮影
河崎喜久三
美術
岩武仙史
音楽
橋本力
録音
中井喜八郎
照明
折茂重男

キャスト

作品データ

製作年 1959年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi