鬼面竜騎隊(二部作)
ホーム > 作品情報 > 映画「鬼面竜騎隊(二部作)」
メニュー

鬼面竜騎隊(二部作)

劇場公開日

解説

別冊小説倶楽部所載の生駒光朗の原作を太田尋一が脚色、「誉れの陣太鼓」の井沢雅彦が監督した時代活劇。撮影は杉田二郎。主演は「満月乙女笠」の尾上鯉之助、「若さま侍捕物手帳 鮮血の人魚」の星美智子、「富士に立つ影」の円山栄子、それに東宮秀樹改め石井一雄。

ストーリー

第一部--平家の末裔秋月左馬之助ら竜騎隊の不在につけこみ、黒姫城主花背主水正を謀殺した犬神刑部一味は、駒の庄を襲って秘宝般若の面と左馬之助の許婚小夜を奪い去った。武芸試合にまぎれて黒姫城に潜入した左馬之助は、刑部を狙う主水正の娘ゆりに会った。しかし大文字雷太郎の忍術のために小夜を救い出せぬままひとまず鞍馬寺の風来和尚のもとに身を寄せた。そこで和尚の友人般若弓四郎に会い小夜が紅姫屋敷にいることを知り、小夜の弟鞍彦にめぐり会った。紅姫屋敷では、雷太郎がゆりを捕える命をうけたが、彼はその昔放浪時代にゆりを知り、今は愛する身となっていて当惑した。ゆりと共に紅姫屋敷に乗り込んだ左馬之助は、無事に小夜を救い出したが、追手のために溪流の中に逃げた。第二部--小夜とゆりは再び敵に捕ってしまったが、雷太郎の変心で危機を脱した。左馬之助も九死に一生を得て、追いすがる敵中に斬込んだ。一方風来和尚や鞍彦は、左馬之助を探す旅の途中で刑部を裏切った雷太郎を救い、弓四郎も加えて黒姫城に向った。その頃黒姫城では、小夜を囮にして左馬之助をおびき寄せ、その命を奪う相談をしていた。案の定鬼面をつけた左馬之助は城下に忍び込んだが、鉄砲隊のために窮地におちいった。しかしそこに駈けつけた弓四郎や、雷太郎の煙り玉で左馬之助は救われた。城内では刑部の妻お袖が、元の主人主水正の旧恩に報いるため、幽閉されていた小夜を逃してやった。城下では駒の庄から駈けつけた竜騎隊の活躍で、一度は劣勢だった勢をもりかえし、遂に正義が勝利をおさめた。左馬之助は秘宝と小夜を奪い返すことが出来た。...

スタッフ

監督
脚色
太田尋一
原作
生駒光朗
企画
辻野公晴
神戸由美
撮影
杉田二郎
美術
角井博
音楽
西悟郎
録音
中山茂一
照明
福田晃市
編集
宮本信太郎

キャスト

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

鬼面龍騎隊 鬼面龍騎隊
鬼面龍騎隊 鬼面龍騎隊
2015年1月2日 2014年12月27日
¥324 ¥324
DMM.com GYAO!ストア
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi