トンチンカン八犬伝
ホーム > 作品情報 > 映画「トンチンカン八犬伝」
メニュー

トンチンカン八犬伝

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

里見八犬伝を喜劇作家の秋田実が脚色。「右門捕物帖 からくり街道」の並木鏡太郎が鏡二郎の名で共同脚色にあたるかたわら監督している。撮影の藤井春美、音楽の河村篤二とも「旅はそよ風」のスタッフ。「アチャコ青春手帳第四話 めでたく結婚の巻」の柳家金語楼、「ちゃんばら手帖」の横山エンタツの他浅茅しのぶ、桃乃井香織、九重千鶴等宝塚のスタアや夢路いとし、喜味こいし、ミス・ワカサなど宝塚映画の常連コメディアンが出演している。

ストーリー

十数年前、里見家を滅して今は房総一帯を支配する安西景清の城下町。かつては里見家の家宝、いまは安西が秘蔵する村雨丸の名剣が何ものかに盗まれたとあって城下にものものしい警戒が布かれる。当の犯人は旅館上総屋の下男荘助じつは里見八犬士のひとり犬川荘助、彼は侍女として城内に住みこむ妹早苗の手引きで首尾よく主家の遺宝を奪い返したものの、詮議を慮かって武州浪人を装う同志犬塚信乃に預ける。上総屋の娘お浜は信乃に首ったけだが、相手の真意がつかめぬ焦燥から、信乃、荘助らを密告する。役人の襲撃を一味の者はいちはやく避けたが、替って捕まったのが旅の俳諧師金梧桐。彼の勿体ぶった挙動や八犬士の特徴である左腕の牡丹の痣(じつは女中お鶴からつねられた痕である)が動かぬ証拠となった。彼を同志と誤解している信乃は、密告の主がお浜と知って大いに怒る。お浜は悲観のあまり自殺を計るが、これを救った香具師塩谷達観斎は前夜ふと手に入れた村雨丸を安西公に届け、金梧桐を釈放させ、信乃の怒りを解いてやろうとする。が当の村雨丸が偽物だったため達観斎は追われて城内を逃げまわる。天守閣のてっぺんに登りつめた彼を召捕れば釈放するといわれてしゃにむに這い上った金梧桐も、達観斎もシャチホコにしがみついたまま動けない。が、折しも里見照姫を擁して城内に攻込んだ八犬士はこれまた天守閣上に安西を追いつめて、亡君の恨みを晴らした。...

スタッフ

監督
脚本
秋田実
鏡二郎
製作
宝塚映画製作所
撮影
藤井春美
美術
西七郎
音楽
河村篤二
録音
竹川昌男
照明
田辺憲一

キャスト

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 87分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi