女性の声
ホーム > 作品情報 > 映画「女性の声」
メニュー

女性の声

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

SP「父帰る」の新人堀内真直のフィーチュア第一回作品。『平凡』連載中の小糸のぶの原作を「若奥様一番勝負」の中山隆三が脚色し、「波」の生方敏夫が撮影に当った。音楽は「花嫁花婿寝言合戦」の万城目正。「わが母に罪ありや」の佐田啓二、市川春代、草間百合子、吉川満子、「学生社長」の川喜多雄二、東谷暎子、「処女雪」の水原真知子などが出演する。

ストーリー

清水市の有力者須山剛之助の長女由紀子は妹晴美の音楽教師、三上達哉と相思の仲である。しかし由紀子には父の秘書をつとめる従兄、笹沼という婚約者がいて二人の仲を快くおもわない。一日、由紀子は三上、晴美達と近郊の山へハイキングにでかけたが、偶然休憩したホテルのロビィで、大阪に出張したはずの父が見知らぬ中年の婦人と一緒にいるのを目にする。婦人の名は加藤八重、日蔭の身ながら由紀子の実の母であった。秘密をしつて由紀子は傷つく。その唯一の慰め手三上も、笹沼と由紀子の結婚をのぞむ須山のいやがらせに耐えかねてか、東京へ去る。由紀子もやがて後を追うが、キャバレーのバンドマンをしている三上と、バアの女給に住みこんだ彼女とは、お互いの所在すらしれない。が、三上はある夜キャバレーにくり込んできた不良学生の中に晴美の姿を発見する。芸術大学の入試に不合格し、自棄しきったかつての教え子を、彼はふかく諌めた。たまたま晴美が警察に留置されると、彼は引受人として出頭し、後から来合せた剛之助や笹沼と顔を合せる。彼らは以前の非を悔いていた。そろって皆は三上のアパートへ帰ってくるが、途中はからずも八重と連立つ由紀子に再会した。彼女はバアの一常連にしつこく言寄られ、にげだしたところを、出京して孤児院に働く八重とめぐりあったのである。みんなの心からな祝福のうちに、三上と由紀子は結婚することになった。...

スタッフ

監督
脚色
中山隆三
原作
小糸のぶ
製作
山口松三郎
撮影
生方敏夫
美術
逆井清一郎
音楽
万城目正
録音
大野久男
照明
磯野春雄

キャスト

作品データ

製作年 1953年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 89分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi