続青雲やくざ 怒りの男
ホーム > 作品情報 > 映画「続青雲やくざ 怒りの男」
メニュー

続青雲やくざ 怒りの男

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「青雲やくざ」の池田一朗がシナリオを執筆、「その口紅が憎い」の長谷和男が監督したアクションもの。撮影は「あの娘と僕 スイム・スイム・スイム」の小杉正雄。

ストーリー

東京のやくざの中でも仁侠の道に生きた小牧組は、三代目信次の代になって、土建屋として再出発した。初仕事としてある市の埋立工事を請負った信次は、子分の浅岡、金井、室田、半次、中子らと現場へやって来た。そこでは土地のやくざ花輪組と火の玉組とによって支配され、信次たちは、給料のもらえない季節労務者を救う仕事から始めなければならなかった。花輪組の賭場から労務者の給料をカツあげた信次に、労務者は感謝し、慣れない信次の工事を助けた。だが仕事に厳しい現場監督の注文はきびしかった。そんな中で花輪組が信次らを妨害した。喧嘩沙汰の絶えない工事現場に、街の住民は騒然となった。一方火の玉組は花輪組と小牧組を対決させて、漁夫の利を得ようと企んでいた、そして花輪組の名をかりて、小牧組の工事場の柵破りをくわだて、花輪組も殺し屋寛太を飯場にさしむけた。しかし寛太は、信次の腕っぷしの強さに敬服の念を抱いた。柵破りに怒った信次の子分たちは、柵破りの一人をつかまえ、花輪組につき出した。計画の失敗を知った火の玉組はこの件にうろたえ、生き証人を殺害した。花輪組と火の玉組の対決が日増しに激しくなっていった。街の人々は恐れ仲裁を信次に頼んだ。信次は花輪組の助っ人として乗り込んだ関口に仲裁を依頼したが、関口は、単身二つの対立の中に入って事を静めようと考えていた。関口のすすめで、越川の大親分を訪ねた信次は、越川に“やくざは半端者の花火にすぎない”と言われ、落胆した。そんな信次を待っていたのは、花輪組が中子をさらい、強姦し、彼女が死んだということであった。激怒した信次は二つの組に喧嘩状を叩きつけ、翌朝子分を連れて理立地に向った。凄惨な乱闘が続き、静かになった理立地に、関口、浅岡の死体が横たわっていた。...

スタッフ

監督
脚本
池田一朗
製作
升本喜年
撮影
小杉正雄
美術
森田郷平
音楽
小川寛興
録音
堀義臣
照明
佐久間丈彦
編集
浜村義康
スチル
堺謙一

キャスト

作品データ

製作年 1965年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 89分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

大岡越前 第一部 DVD-BOX[DVD] 大岡越前 第二部 DVD-BOX[DVD] 木下惠介生誕100年 木下惠介アワー 3人家族 DVD-BOX[DVD] 清水次郎長 DVD-BOX1 HDリマスター版[DVD]
大岡越前 第一部 DVD-BOX[DVD] 大岡越前 第二部 DVD-BOX[DVD] 木下惠介生誕100年 木下惠介アワー 3人家族 DVD-BOX[DVD] 清水次郎長 DVD-BOX1 HDリマスター版[DVD]
発売日:2006年3月24日 最安価格: ¥23,889 発売日:2006年11月24日 最安価格: ¥23,587 発売日:2012年10月26日 最安価格: ¥15,168 発売日:2017年3月8日 最安価格: ¥19,980
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi