遊民街の銃弾
ホーム > 作品情報 > 映画「遊民街の銃弾」
メニュー

遊民街の銃弾

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「白昼の無頼漢」の佐治乾がオリジナル・シナリオを執筆、「残酷な月」の飯塚増一が監督したアクションもの。撮影は「誇り高き挑戦」の星島一郎

ストーリー

不法入国のかどで黒人サムは外国人収容所に入れられたが、趙、パーカー、十三号の同房者はそれぞれに一癖も、二癖もある連中だった。なかでも、正体不明の東洋人十三号は腕っぷしが無類に強く、係官も手を焼いていた。サムは強奪した二百万ドルのダイヤを基地の火薬庫に隠していたが、この秘密を十三号にうちあけて協力を頼んだ。サムの恋人春子が朗報をもって面会に来た。彼女はキャバレーで働いていたが、ボスの高木が力を貸すと申し入れてきたというのだ。収容所の見取図が手に入ると、十三号は一同に脱獄プランを打ちあけた。「床に穴を開けて下の病室へ抜ける。病室の床のタイルをはずして二米ほど穴を開ければ下水道に出られる。下水道の壁は高木に破壊して貰う」作戦通りに工作は進んだ。そして決行、四人は病室の白人女アンともども下水道で高木達と合流した。一同は高木の別荘で基地の地図を囲んだが、宝石が欲しいばかりにサムの脱獄を買って出た高木は十三号達が邪魔だった。もう一つサムを狙ってマイヤーらの外国人団があった。アンはその秘命を受けてもぐり込んでいたのだ。十三号の素性が意外な事から割れた。高木の女、安芸子の実兄で十二年前に日本を捨てた笠見利夫と分って、高木は笠見に一目置かざるを得なくなった。綿密な計算のもと、軍用トラックを奪って基地に入りこんだ笠見らは、宝石を隠した魚雷をまんまと運び出した。だが、一触即発の危機をはらむこのトラックの前に、突如としてマイヤー一味が襲ってきた。追いつ追われつの銃撃戦の後、追撃をふり切った笠見らは廃虚の倉庫に逃げ込んだ。宙づりにした魚雷を分解して、サムの指先がまさにダイヤに触れようとした時、再び倉庫をとり囲んだマイヤー達のマシンガンが火を吐いた。一瞬、ダイヤはもちろん、全てがふっ飛んだ。生き残ったのは高木と安芸子の二人だけであった。...

スタッフ

監督
脚本
佐治乾
企画
大賀義文
撮影
星島一郎
美術
藤田博
音楽
河辺公一
録音
大谷政信
照明
吉田一一
編集
祖田富美夫
スチール
藤井善男

キャスト

作品データ

原題 Operation Diamond
製作年 1962年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 79分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「遊民街の銃弾」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi