ヘイ・ベイビー THE SEX LIFE
ホーム > 作品情報 > 映画「ヘイ・ベイビー THE SEX LIFE」
メニュー

ヘイ・ベイビー THE SEX LIFE

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

刹那的歓びにひたることで、いやな社会から眼をそらすことができると、LSDやマリファナに酔う若者たちの姿を追いながらアメリカの実状をえぐる長編ドキュメンタリー映画。女優筑波久子がアメリカに渡り約一年で完成させた。

ストーリー

◇マリファナ独特の臭いが、アナハイム・スタジオ全体にたちこもり、広い野球場も今日ばかりはまるで密閉されたせまい個室のようだ。それにもまして、強烈なロックのリズムが会場の若者たちを陶酔させる。ロックとマリファナは切っても切れない間だけに、フィスティバルともなれば、その熱狂ぶりはすさまじい。ウッドストックでのロック・フェスティバルの大成功以来、今や全米各地でこのロックのお祭りが催されるようになった。ベトナム戦争にのめり込んでいく政府に対する、若者たちの反抗がこのお祭りを盛りあげている。◇映画界の斜陽に共ない、ハリウッドも、大きな変貌をとげ、閉鎖された撮影所の多い中で、ユニバーサル撮影所だけは、観光客相手のスタントマン・ショーを開催、賑わっている。ピストルで撃たれたスタントマンが、屋根から落下する撃ち合いの見せ場だ。落ち方がうまいと一段と拍手も勢いづく。◇最近のアメリカ映画は、ホモを扱ったものが非常に目立ってきた。それ程現在のアメリカはホモが多い。そうした社会の中で、ゲイ・パワーが生まれても少しも不思議ではないが、ブラック・パワー。ウーマン・パワーなどの中では特異の存在といえるだろう。◇学生デモ隊がFBIと衝突、ライフルで射殺された者もいるという。学生運動がもっとも盛んといわれる南カルフォルニア大学で、その実態をカメラに収めるべく筑波の一行は校内に入った。校庭のあちらこちらで集会が持たれていた。「たとえ五年間刑務所に入ってもベトナムに行くよりはましだ」と、声を大にしている学生は、「ベトナム戦争をどう思うか」という質問に「そんな質問は聞きあきた。ゲップがでるよ」と答えるだけだった。◇ここはハリウッドに近いグリンス・パーク。片隅でレズのグループがうごめいている。...

キャスト

作品データ

製作年 1971年
製作国 日本
配給 現代映画
上映時間 86分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi