エベレスト大滑降
ホーム > 作品情報 > 映画「エベレスト大滑降」
メニュー

エベレスト大滑降

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

世界最高峰のエベレストの大斜面から直滑降するプロ・スキーヤー、三浦雄一郎の勇気と、彼を支えた三十三名のスキー隊員の決死行を記録したドキュメンタリー・ドラマ。撮影総監督は「富士山頂(1970)」「ある兵士の賭け」の金宇満司。

ストーリー

日本エベレスト・スキー探険隊は、八つの班から成り立っていたが、それは各自の対象をエベレスト山域でやり遂げるために、隊の冒険に参加するという、通常の登山隊の逆の形をとっていた。隊は三月六日、ラムサンダーを出発した。その時、雑然としていた隊も、二週間後、エベレスト山域の入口に入るころには、統一行動のとれる冒険者の集団に変貌していた。それは、各々の班が独自に追求する対象に注ぐ熱意が、他の班の尊敬を自然に獲得し合った結果だった。ここに、予期せぬ悲劇が起った。氷塊の突然の大陥落によって、シェルパ六名が遭難死をとげた。この事故で、シェルパの中には去っていった者もあった。だが、一人また一人、彼らは家族を説得してベース・キャンプに帰ってきた。ここに、スキー隊は再生した。そして五月六日。三浦は東南峻上からの第一次滑降に成功し、ローツェ・フェイス・ルート上に立った。その斜面は足許からほとんど垂直に落ちているように見える。三浦の心は澄明であった。ガスの晴れるのを待って、三〇〇〇米の滑降が開始された。スタート地点にいた者は、わずか十秒とたたぬうちに、三浦が落石のように視界から消え去るのを見た。それはスキーではない、滑降ではなかった。奈落に身を投げるようなものであった。二〇〇〇米ほど滑って、鋼のように硬い氷壁につっこんだ。三浦は、さらに蒼氷の上を百五〇米も滑った。三浦は必死に止ろうと闘った。そして、彼の身体は、露岩に激突し、その上を十米も飛んで下の氷の面に頭から突込んだ。三浦も、そして全隊員も、三浦の死をその瞬間に固く信じた。十二分後、曽我隊員は単身、急角度のフェイスを走るように登って、三浦を確保した。全隊員と全シェルパが三浦を涙で迎えた。成功、不成功を尋ねるものは一人もいなかった。前人未踏の冒険を三浦はやった。そして生きて仲間のところへ帰ってきた。その感動は誰にも表現出来ぬ程大きかった。...

スタッフ

監修
銭谷功
製作
中井景
銭谷功
撮影総監督
金宇満司
音楽
団伊玖磨
録音
銭谷愃一
編集
渡辺士郎

キャスト

作品データ

製作年 1970年
製作国 日本
配給 松竹映配
上映時間 119分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「エベレスト大滑降」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi