淫絶未亡人
ホーム > 作品情報 > 映画「淫絶未亡人」
メニュー

淫絶未亡人

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

好色な男たちに狙われる熟れきった体をもつ未亡人を描いたロマン・ポルノ。脚本は「団地妻 肉体金融」の桂千穂と「ロスト・ラブ -あぶら地獄-」の吉原幸夫、監督は「ホステス情報 潮ふき三姉妹」の曽根中生、撮影は「全開 特出し姉妹」の安藤庄平がそれぞれ担当。

ストーリー

26歳にして未亡人となったDPE屋の女王人、民子は夜な夜な一人寝の淋しさに悶えていた。民子は年はとっても色気だけは盛んな姑の鈴代、予備校に通う義弟の公次を食わしてやらなければならない。ある日、SEXしているところを記念撮影してくれという客が来て、民子はひきうけたものの、彼らの激しい絡みを目のあたりにして興奮、シャッターをきりながらスラックスまで濡らしてしまった。そんな民子を狙う二人の男がいた。一人は予備校の経営者の山田。彼女に結婚を申し込んでいるのだが、承諾してくれない。もう一人は土地成金の息子の文太。文太は客として民子に写真を撮ってもらってはチャンスをうかがうが、いつも失敗。そんな時、山田のかつての女だったまり子が彼を追いかけて来て上京し、文太に襲われていた民子を救った縁で、民子の家に住み込みで働くことになった。そのまり子を公次が狙い、とある夜、まり子の部屋に忍び込んで来た。とそこへ、民子を諦めきれない文太が忍び込み、まり子を民子と間違えて抱きついたので、公次やまり子は大騒ぎ、大混乱となってしまった……。...

スタッフ

監督
脚本
桂千穂
吉原幸夫
企画
細越省吾
製作
樋口弘美
撮影
安藤庄平
美術
渡辺平八郎
音楽
坂田晃一
録音
秋野能伸
照明
高島利隆
編集
西村豊治
助監督
浅田真男
スチール
浅石靖

キャスト

作品データ

製作年 1976年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 67分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi