淫絶夫人 快楽の奥
ホーム > 作品情報 > 映画「淫絶夫人 快楽の奥」
メニュー

淫絶夫人 快楽の奥

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

7年間の受刑のために禁欲を強いられた女が、出獄してからの欲望のほとばしりを描いたロマン・ポルノ。脚本は「ホステス情報 潮ふき三姉妹」の池田正一と「宇能鴻一郎の濡れて立つ」の佐治乾、監督は「新・レスビアンの世界 陶酔」の西村昭五郎、撮影は「アフリカの鳥」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

ストーリー

早朝、刑務所の鉄門を和田圭子が七年の刑期を終えて出て来た。郊外の国道をあてもなく歩く圭子を、長距離トラックが乗せてくれた。だが、その運転手は圭子を強引にモーテルに連れ込み、犯した。だが、圭子は抗いながらも、七年振りのセヅクスにしびれるような快感を覚えた。そして、その快楽に揺すぶられながら、いまわしい過去を想い出していた--。圭子の夫・修司は大学の助教授だった。だが、修司は、圭子の父の教授に取り入るために結婚したので、父の死後は、浮気のしたい放題。おまけに、圭子のセックスを徹底的に侮辱した。耐えに耐えた圭子だったが、ある日我慢できず修司の頭に花瓶を叩きつけた--。偶然にも圭子は、刑務所で同房だった君江と再会、誘われてアパートへ行った。そして、君江と内縁の夫とのセックスに、いつのまにか圭子も割り込んでいた。君江の隣室に、どこか陰うつな学生・吾郎が住んでいた。彼は、うっ屈した生活の中で、性意識も屈折していた。吾郎はある日、抱いた売春婦に笑われたために、ナイフで女を脅し、縛りあげ、柔肌をナイフで傷つけ、サディスティックな昂まりの中で、陰部を抉った。圭子は、吾郎が現在新聞で騒がれている“切り裂きジャック”だと知った時、不思議に恐怖心は抱かなかった。かえって、傷ついている吾郎の心を慰めるのだった。だが、やがて、警察に追われた吾郎はビルの屋上から身を投げた。ある日圭子は、かつて夫の情婦だった夕子のパトロン・佐藤京介を知った。圭子は京介と関係を持つことにより、夕子にかつての自分の立場を味わせた。パトロンを奪われて泣きわめく夕子を前に、圭子は絶対的な自信を持つのだった。そして、圭子は身も心も休めるためフランスに行く決意をするのだった……。...

スタッフ

監督
脚本
池田正一
佐治乾
企画
奥村幸士
製作
伊藤亮爾
撮影
高村倉太郎
美術
川船夏夫
録音
古山恒夫
照明
直井勝正
編集
西村豊治
助監督
坂下正尚
スチール
寺本正一

キャスト

作品データ

製作年 1976年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 71分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi