呪の文身
ホーム > 作品情報 > 映画「呪の文身」
メニュー

呪の文身

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

新馬鹿大将であるアンドレ・デード氏の作品で、氏が出てからは最後迄喜活劇になって居る。氏の婦人ヴァレンティナ・フラスカロリ嬢、呪われた少女役でマチルダ・ランベルト嬢が出演している。無声。

ストーリー

シカゴ市に住んで居たイタリアダラア技師は空前の発明たる機械人間を完成したが、不幸悪人の窺う所となり、其の研究室を爆発された。彼はその為瀕死の状態に陥ったが、生命覚束なきを知り娘ヘレンの肉体に機械図面の重要な部分を文身して此の世を去った。ヘレンは老僕に連れられ故国に居る叔父ダラア教授の許に帰って行く途中船上でマドという一婦人と親しくなったが、実は彼女が悪漢団の首領であった。図面を文身している事を知った彼女はヘレンを誘惑し、ヘレンの従兄にあたるスプリングフィールドが最後迄彼女を助けて、遂に悪漢を退治するのである。...

作品データ

原題 The Human Document
製作国 イタリア

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi