出世靴屋
ホーム > 作品情報 > 映画「出世靴屋」
メニュー

出世靴屋

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「パッション(1919)」「欺瞞」「ジプシーの血」等を監督して近来アメリカに迄も名声高きルビッチュ氏の監督自演になる、ドイツ物の喜劇。無声。

ストーリー

勉強嫌いで遊び好きのいたずら息子サリーは試験の時不正な事をして学校を追い出され靴屋の小僧になって見たが其処も又追い出された。「職を求む」と云う誇大な新聞広告をしてどうやらマイエルスと云う他の靴屋に雇われた。彼は元来機知に富んで居たため或る踊女に見込まれ其の女から金を借りて独立に靴屋を開いた処が広告術が上手なので店は大繁昌を来たして一年の後にはかの踊女と結婚する程の財産を作った。...

作品データ

原題 Footwear Emporium/Schuhpalast Pinkus
製作年 1916年
製作国 ドイツ

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「出世靴屋」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi