デセプション
ホーム > 作品情報 > 映画「デセプション」
メニュー

デセプション

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ヘンニ・ポルテン嬢エミール・ヤニングス氏共演の大史劇で、目下アメリカに於いてピックフォード嬢を監督しつつあるドイツの名監督エルンスト・ルビッチュ氏の作品である。ポーラ・ネグリ嬢主演の「パッション(1919)」の姉妹篇としてアメリカに於いても(パラマウント社発売)なかなかの好評であった。無声。

ストーリー

英国の歴史に名高きヘンリー八世の栄華物語。美しきアン・ボレンが華やかにまた悲しき一生。王の寵臣ノーフォーク公の姪なるアンは計らずも王の御目にとまった。以来王よりしばしば思慕の情を打ち明けられるが、この事が原因となり恋人ノリス卿より誤解され、疎んじられたために遂に王の妃となることを承諾した。しかしアンが王妃となるためには王妃カザリンは罪なくして王女メアリーと共に位を追われた。しかしアンの栄華も長くはなかった。世継ぎたるべき男子を生む可かりしアンは却って女子を生んだ。王の失望は大きかった。同時に女官ジョアンがアンの強敵として現れた。王はアンを疎んじると共に次第にジョアンに魂を奪われていった。アンとノリスとの間を王に誹謗する物もあった。王の怒りが下った。ロンドン塔の奥深く、尽きぬ恨みを残しつつ、哀れ佳人アンは断頭台の露と消えた。...

作品データ

原題 Deception Anne Boleyn
製作年 1920年
製作国 ドイツ

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「デセプション」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi