無法者(1949)
ホーム > 作品情報 > 映画「無法者(1949)」
メニュー

無法者(1949)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アーネスト・レイモンドの原作をJ・リー・トンプソンが脚色、「悪魔と寵児」のアルベルト・カヴァルカンティが監督した一九四九年作品。撮影は「最後の突撃」のデリック・ウィリアムス、音楽はフィリップ・グリーンが担当している。主演は「夜霧の都」のスティーブン・マレイに、「命ある限り」のリチャード・トッド(映画第一回)、パトリシア・プランケットの他、ロザリン・ブリュターやマイケル・ローレンスらが出演。

ストーリー

芸術青年のクリストファ・ドリュウ(スティーブン・マレイ)は自分の詩が新聞に発表されて以来、己れの属する上流社会に嫌気がさし、キット・マアロウと変名して酒と女の街レイトン街に入りびたるようになった。彼はそこでフランキイ(ロザリン・ブリュタア)という女と情を通じ合ったが、彼女には他に機関手のジム・ヒイル(マイケル・ローレンス)、前科者のハアブ・ロオガン(リチャード・トッド)と二人も男がいるのだった。或夜、ロオガンが彼女の部屋を訪れ、金を置いて去ったあと、キットが訪ねた。その時ヒイルがドアを叩いたのでフランキイはキットを窓から逃がしたが、それを気配で知ったヒイルは部屋へ入るなり嫉妬のため女を殺してしまった。事件の容疑はロオガンにかかり、彼はロンドン中を逃げまわった。その途中彼は簡易宿泊所の女ロジイ(パトリシア・プランケット)と知り合い、二人は烈しい愛情を感じ合った。しかし司直の手は忽ち彼をみつけ出し、裁判所は彼に死刑を宣告した。一方事件を目撃していたキット(ドリェウ)は、その家柄と名誉が真相の発表をさまたげるので、悶々の日を送っていたが、ついに無名の投書によって事実を当局に知らせた。このためロオガンの刑は十五年に減った。十五年たち、牢を出たロオガンは、彼に変らぬ愛を捧げるロジイと新生活を営むかたわら真犯人を求めて歩いた。彼はキットが真犯人だと信じ込んでいたが、かつてフランキイに与えた金のことを思い出したので事件の部屋を探るうち、金と共にドリュウの詩をみつけた。彼は今一流作家となっているドリュウを訪ね、ヒイルこそ疑問の男だという暗示を得て帰った。彼はヒイルを訪れたが、危険を感じたヒイルは逆に彼を殺そうとはかり、却って自分が列車にはねられて重傷を負った。死の床でヒイルから一切をききとったロオガンは更にドリュウの口から真実を吐かせ、かくて彼には初めて幸福の道が開けたのだった。...

作品データ

原題 For Them That Trespass
製作年 1949年
製作国 イギリス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi