年上の肌
ホーム > 作品情報 > 映画「年上の肌」
メニュー

年上の肌

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

イングマル・エーベの脚本を、「蛇」のハンス・アブラムソンが監督、「仮面ペルソナ」のスーベン・ニクビストが撮影を、「蛇」のゲオルク・リーデルが音楽を担当した。出演は「夜のたわむれ」のケーベ・イエルム、「蛇」のハンス・エルンバック、ベンテ・デッソーほか。製作はトーレ・ショーベルイ。

ストーリー

突然の母の死で、一人息子のベンクト(H・エルンバック)は深い悲しみにおちいった。父のヌットは、そんな彼を慰さめ、映画館につとめている女グンを紹介した。近いうちに後妻にするというのだ。このことは、ベンクトをより深い悲しみにおとし入れた。まだ母が死んだばかりだというのに。一方、ベンクトの婚約者ベリットは彼を、やさしくいたわったが、そんなことで元気になるベンクトではなかった。やがて夏が来て、四人はグンの持っている別荘へと出かけた。父を奪ったグンに対するベンクトの憎しみは、彼女を犯すという行為で復讐に出た。しかし時がたつにつれ、その復讐の行為は、いつしか異性の、それも年上の女性の肌への執着となってしまった。父と婚約者の目を盗んで、二人の情事は続けられた。グンの別荘が情事の場だった。二人はベリットの心を傷つけないよう気を配ったが、いつしかベリットは二人の関係に気づいてしまった。若く、しかも内気なベンクトは、どうしていいのかわからなくなってしまい、母の一周忌にあたる日、発作的に自殺を計った。だが未遂。そして、この一件を機に、ベンクトは再び、若く美しい婚約者ベリットのもとへ戻り、グンと父親のヌットも晴れて結婚することになったのである。...

作品データ

原題 Brant Barn
製作年 1968年
製作国 スウェーデン
配給 大映第一フィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi