フリーセックス地帯を行く 天国か地獄か
ホーム > 作品情報 > 映画「フリーセックス地帯を行く 天国か地獄か」
メニュー

フリーセックス地帯を行く 天国か地獄か

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フリーセックスの国スウェーデンに半年間の長期ロケを行ない、ルイジ・スカチーニが製作・監督し、クラウディオ・ラッカが撮影したドキュメンタリー。音楽はピエロ・ウミリアーニが担当している。なお日本語版ナレーションは三国一朗がつとめている。

ストーリー

フリーセックスの国、社会福祉の完璧を誇る国、スウェーデンでは、性教育は中学生の頃からはじめられる。有名高校では、“性衛生学”の講義がおこなわれており、毎週土曜は、学校で仕立てた“喜びの船”で実地が行なわれる。ストックホルムの町角にはコンドームの自動販売機が設置されている。が、性の自由化は青少年の不良化をもたらし、少年たちが群をなして少女を暴行する事件がひんぱんにおこる。さらにカメラは、近親相姦、性教育は五歳から行なうべきと主張する十四歳の少女のセックス・インタビュー、公然と売られる春本・春画、昼は婦人警官、夜はヌード・スタジオにつとめる女性、夫婦交換パーティ、ヌーディスト・クラブ、レズビアン、ホモセクシュアル、また十二時間に一人の割での自殺者の理由--等々、スウェーデンの実態をあばいて行く。...

作品データ

原題 Sweden, Heaven and Hell
製作年 1968年
製作国 イタリア
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi