ベロと8人の子供達
ホーム > 作品情報 > 映画「ベロと8人の子供達」
メニュー

ベロと8人の子供達

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

トゥリオ・デミケリが演出した仲良し八人組の子供達と、一匹の犬の児童物語で、フロレンティノ・ソリア、ペドロ・マリオ・ヘレロの共同シナリオ、ホセ・F・アグアーヨが撮影を、イシドロ・B・マイツェギイが音楽をそれぞれ担当した。出演の子供たちは殆ど素人で構成されている。一九六二年カンヌ国際青少年映画コンクール特別賞を受賞している。

ストーリー

スペインのある町。いつものように、ニコラス爺さんの所へ学校がひけた仲良し八人組の子供達が集まる。彼等の善き理解者である。或る日、八人の集合地の海の見える空地に一匹の立派な犬がやって来た。「ルセロ」という金星という意味の名をつけ、洗礼をしてやった。ルセロは仲間の喧嘩に加勢するし、皆の人気の的である。でも、だれの家も飼うことは許してくれず、仕方ないので空地に飼うことにした。そんなある朝、ルセロは犬殺しに捕ってしまい、子供達は必死で助けてくれるよう頼んだが、犬は連れ去られてしまった。明日までに、一二〇ペセタの保釈金を集めなければ、犬は助けてもらえない。だが大人達はニコラス爺さんを除いて、誰も相手にしてくれない。皆で「宝物」を売って、やっと一二〇ペセタをつくって市役所に行くが、二〇〇ペセタに値上りしていた。それにニコラス爺さんの死の知らせをうけて悲しみは二倍になった。そして、どうしてもルセロを助けようと決心、犬の収容所に忍び込むことを決めた。でも、他の犬まで助けたため、大騒ぎとなり、皆捕まってしまうが、子供達の犬を思う優しい心に大人達もそっと門を開け、皆逃がしてやった。夜の道を八人の子供達とルセロは力一杯走って行った。...

作品データ

原題 La banda de los ocho
製作年 1962年
製作国 スペイン
配給 昭映フィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi