哀愁のモンテカルロ
ホーム > 作品情報 > 映画「哀愁のモンテカルロ」
メニュー

哀愁のモンテカルロ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ステファン・ツヴァイクの小説『ある女の二四時間』(Vier und Zwanzig Stunden aus dem Leben einer Frau)をウォレン・チェサム・ストロードが脚色し、「印度の放浪児」のヴィクター・サヴィルが監督したアイヴァン・フォクスウェル製作の一九五二年度色彩恋愛心理劇。「ホフマン物語」のクリストファー・チャリスが撮影し、音楽監督は「銀の靴」のルイス・レヴィ。「ベルリン特急」のマール・オベロンと「命ある限り」のリチャード・トッドが主演し、これを助けて「蛇の穴」のレオ・ゲン、「夜霧の都」のスティーブン・マレイ、ジョーン・ダウリングなどが出る。

ストーリー

南仏、地中海に面したアンチィブの港にヨットが碇泊している。持主は高名な作家ロバート・スターリング(レオ・ゲン)。彼が行きつけの料理屋へ行くとそこの主人の許婚が数時間前に来た客と駈落ちしたので、主人は狼狽し、客たちはその議論に花を咲かせていた。小説家は「一目惚れ」のありうることを主張し、こんな話をする。--スターリングはモンテカルロにいた。彼の船には、夫を自動車事故で失い、悲しみのまだ醒めぬリンダ(マール・オベロン)という未亡人が彼に誘われて乗っていた。ある宵カジノを訪れたリンダは賭博に熱中している一青年(リチャード・トッド)に心を惹かれた。青年は席を立った。負けて一文なしになったのである。後を追ったリンダは自殺しようとする彼を止め、事情をきいた。そして今後絶対賭博をせぬことを条件に賭博で失っただけの金を彼に与えた。彼女は青年を愛していることに気づいた。青年も巴里に同行しようとしきりにいうので彼女は遂に将来を彼に委ねようと決心したが、青年が巴里行の切符を買いにいっている間に思いなおして船にかえってしまった。しかし、列車の発車時刻が近づくにつれ、理性を失ったリンダはスターリングの忠告をよそに駅にかけつけた。汽車は発った後だった。呆然とリンダが想い出のカジノに這入ると、青年がいた。先夜と変って優勢をつづける彼は彼女に見向きもしない。絶望したリンダが崩折れようとした時、彼女を支えた腕はスターリングのそれであった。--話が終った時、スターリング夫人が入ってきた。併し誰も彼女がこの物語のリンダとは気づかない。...

作品データ

原題 24 Hours of A Woman's Life
製作年 1952年
製作国 イギリス
配給 BCFC=NCC
上映時間 90分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi