猛獣圏世界横断
ホーム > 作品情報 > 映画「猛獣圏世界横断」
メニュー

猛獣圏世界横断

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

かつて「アフリカ遠征」「ザンバ」を撮影した斯界の権威マーティン・ジョンソン夫妻が、アメリカ博物館の後援を得て、南太平洋諸島及び英領東アフリカを中心として撮影した猛獣の実写映画で、ラッセル・シールズ氏が編集を担当したものである。R・C・Aフォトフォン装置による伴奏、説明が附せられてある。

ストーリー

マーティン・ジョンソン夫妻は再びキャメラ世界行脚を志し、先ず南太平洋諸島を訪れる。食人島、ソロモン島の文化事業を視察し、物珍しい人工鳥を撮影し、鱶漁の快を味いつつ更に南下し、マライタ島へ向う。この島は90の小島より成り、島民はまだ偶像崇拝の迷信を信じ、刺青を好んでいる。それから2週間の後、夫妻はヴァオ島に出発する。この食人島を見物した彼等は、更に南下してビッグ・ナンバー・カントリーに向う。ここの見物を終えてから夫妻は北エジプトのアレキサンドリアへ進路を変えた。小人国を過ぎ、ナイル河を遡って世界第1の猛獣王国に足を踏み入れた一行は、そこの水中に河馬を見、鰐を発見し、森林中に濶歩する巨象の群に目を瞠り、珍奇な白犀の1団にめぐり会う。かくてタンガンイカ領に行程をすすめた時、食物と水を求めて走る数百万頭の野獣の大群現われ、5日5夜の間、それらは一行の眼前を絶え間なく過ぎて行った。しかしこの異常なる経験を終えた後、いよいよ一行は壮烈な獅子狩を行って成功を収めた。...

作品データ

原題 Across The World with Mr. & Mrs. Martin Johnson
製作年 1930年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi