民族と自然 北極圏の人々
ホーム > 作品情報 > 映画「民族と自然 北極圏の人々」
メニュー

民族と自然 北極圏の人々

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ウォルト・ディズニーの“民族と自然”シリーズで「スイス」に続く本邦公開第2作。北極洋の孤島にある気象観測所に物資を運ぶアメリカ沿岸警備隊の砕氷船が氷海で氷と闘う姿を記録してある。脚本、監督、解説をウィンストン・ヒブラー、撮影をウィリアム・フォーティンとエルモ・G・ジョンズが担当した。音楽は、「わんわん物語」のオリヴァー・ウォーレス。撮影には米国警備隊、海軍、国防両省が協力した。

ストーリー

6月下旬、アメリカ沿岸警備隊の砕氷船ウェストウィンド号は、北極圏の気象観測所へ物資を補給するためのグリーンランド北西部、テューリ基地に向かった。氷山の海域を越えたウェストウィンド号は、やがてテューリ港に入り、港内の氷を割って補給船団の道を拓く。そしてこの水路を、姉妹船イーストウィンド号に導かれた船団が到着する。補給物資は、イーストウィンド号に積まれ、ここから更に北のアラート気象観測所に運ばれる。アラートは北極の極点から400マイルのエルスミア島にあるが、イーストウィンド号は飛行機で氷の状態を偵察しながら北上する。ところがアラート東南30マイルの地点で浮氷が凍りつき、舳の鋼板に2メートルの大穴があいてしまった。救助通信によってテューリに待機していたウェストウィンド号が現場に急航180トンの荷物を積みかえ代わってアラートへ向かう。厚い氷と闘いながらウェストウィンド号は進むが、アラート目前7マイルにして完全に氷に閉じこめられた。氷中に爆薬を仕かけるが厚い氷にはえくぼができた程度。船は最後の手段として両側にある20000ガロン入りのタンクに交互に水を入れ船体を揺するが、効き目がない。遂に越冬の決意を固める。日がたつにつれ不安が増す。しかしカナダ機が飛んできて空中から薬品を投下、ワシントンでは乗員のヘリコプターでの救出を計画する。ところが突然、氷が割れ青い水路が開ける。ウェストウィンド号は自由になった。しかし水路は南方に開けただけ。アラートへは来年夏まで空中補給を行うことにし、船は北極の戦いに敗れて南下する。...

作品データ

原題 People and Places Men Against The Arcyic
製作年 1956年
製作国 アメリカ
配給 大映洋画部
上映時間 30分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第28回 アカデミー賞(1956年)

受賞
短編ドキュメンタリー賞  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi