ホーマーの帰郷
ホーム > 作品情報 > 映画「ホーマーの帰郷」
メニュー

ホーマーの帰郷

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

インス氏はスターを掘り出すことの名人であると同時に、原作、脚色家等の手腕のある人を掘り出すことが巧みである。この映画の原作者アレクサンダー・ハル氏もその発見された1人である。脚色をしたアグネス・クリスティン・ジョンストン女史は「目醒し時計のアンディー」をも脚色した人。監督は3年もレイ氏の監督をしていたジェローム・ストーム氏である。チャールズ・レイ氏の得意とする田園劇で対手は映画に入って数カ月の経験しかないプリシラ・ボナー嬢である。『人情味と、喜劇味と、俳優の性格表現と、劇の与える教訓と--これ等によってこの映画は最近発売された映画の中第1位の1つに推さるべき価値を持っている』とニュース誌は評している。

ストーリー

ホーマー・カヴェンダーはメインスヴィルの村では怠け者だと皆に思われていたが、ラカエルという娘だけは彼を信じていた。娘に恋しているホテルの息子アーサーは娘の父サイラスのお気に入りであった。サイラスはアーサーの父にメイチムに負債があったのである。ホーマーは職を失ってからニューヨークへ出ることにし、娘にも悲しい別れを告げて村を去った。都へ来たホーマーは株式事業家ベイリーとコートが共同で経営する店の番頭に入った。そして200ドルの貯金を持って休暇の際故郷メインスヴィルの村へ帰ってきた。そしてメイチム旅館の1等室に泊まって納まり返った。村人は彼を金持ちになったのだと信じるが、ホーマーはラカエルだけには真実を打ち明けた。そして新に立てられる裁判所の棟上げ式の際ホーマーは一場の演説を試みた。彼はこの機会を利用してかねて考えていたことを現実のこととして村人に喋り、自分の商会がこの村に工場を建てるからといって村人から株金を集めた。しかし実際はそんな計画はなかったのであるが、彼の化けの皮が剥がれんとした時、彼の主人は彼の計画に賛成して工場を建てることとし、ホーマーをその支配人とした--。ホーマーはもちろん恋の勝利者となった。...

キャスト

作品データ

原題 Homer Comes Home
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

ロイドの牛乳屋[DVD] ダークスカイズ ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ダークスカイズ[DVD] ダークスカイズ[Blu-ray/ブルーレイ]
ロイドの牛乳屋[DVD] ダークスカイズ ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ダークスカイズ[DVD] ダークスカイズ[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2004年8月1日 最安価格: ¥2,117 発売日:2013年12月4日 最安価格: ¥2,047 発売日:2014年9月3日 最安価格: ¥884 発売日:2014年7月9日 最安価格: ¥1,091
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi