ペンロッド
ホーム > 作品情報 > 映画「ペンロッド」
メニュー

ペンロッド

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「クラレンス」「危険なる処女時代」等の原作者ブース・ターキントンの原作になる少年劇で、マーシャル・ニーランが「豪勇ボッブ」「人生の姿」に続いて製作したもの。主役は「豪勇ボッブ」「鳥人獣人」等出演の雀斑バリー君で、その他クララ・ホートン、マージョリー・ドウ等の美しいところや、ユ社の喜劇でお馴染みのベビー・ペギー・ジェーン、老巧なところでクレア・マクドウェル、タリー・マーシャル等、なかなか立派な役割である。

ストーリー

ペンロッドは純真な少年であった。彼は町の人々から悪戯小僧として扱われていたが彼はむしろその名声を誇っていた。彼は少年達を集めて大人が子供に対する横暴、軽蔑の傾向に反抗するため少年自衛同盟会を組織して自ら会長となって、毎週1回集会を催して成年に対する反抗の気勢を挙げていた。彼等は奇計をもって銀行泥棒を取り押さえたので、彼等の名は町の人々の尊敬を集め、ペンロッドはまえもってて大好きであったマージョリーの好意を受ける身とはなった。...

作品データ

原題 Penrod
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi