ふるさと(1919)
ホーム > 作品情報 > 映画「ふるさと(1919)」
メニュー

ふるさと(1919)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

零下52度の極北の地において撮影された大映画で16種の野獣が自然のままに撮影されている。シップマン嬢の相手役を演ずべきロナルド・バイロン氏は寒気のため死亡したので、ウィーラー・オークマン氏代わって完成したと伝えられる。

ストーリー

カナダ北部の荒原に父と2人で暮らしている娘ドロレスは森や野に住む野獣等を友として静かな月日を送っている。1日出逢った政府派遣の調査官ピーターと娘は恋に陥ちていく。父は役人の目を逃れ内地へ入り込んできた凶漢ライデルの手に倒れたため、娘はピーターと結婚し、極北へ向かいイヌイットの生活状態調査のため夫婦連れ立って出帆した。その船長が父を殺したライデルであった。ピーターは彼のため重傷を負い、ドロレスは危地に陥ったが、巧みに毒手を逃れて極北に着く。ライデルの仲間の男はワピという猛犬を飼っていたがドロレスはその犬を手懐けて傷つける夫と共に犬橇に乗って雪中へ逃げた。追り来る悪漢はワピのために散々な目にあい、夫婦は恙なく旅行を続けた。...

キャスト

作品データ

原題 Back to God's Country
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi