東は西
ホーム > 作品情報 > 映画「東は西」
メニュー

東は西

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

サミュエル・シップマン氏及びジョン・B・ハイマー合作の舞台劇からウィニフレッド・イートン・リーヴが映画劇向けに改作し、トム・リードが脚色及び台詞を下記、「恋愛四重奏」のモンタ・ベルが監督にあたった映画である。主役を演ずるのは「嵐」「激流恋をのせて」のルーペ・ヴェレスで、「西部戦線異状なし」「接吻」のルー・エイヤース、「法の外(1930)」「壁の穴(1929)」のエドワード・G・ロビンソン、「キング・オブ・ジャズ」「支那街の夜」の駒井哲、「愛の爆笑」「コケット」のヘンリー・コルカー、E・アリン・ウォーレン、「ラヴ・パレイド」のエドガー・ノートン、「サニー・サイド・アップ」のメアリー・フォーブス等が助演。カメラは「がらくた宝島」「ドレーク事件」のジェローム・アッシュが担任。ちなみにこの物語は1922年にもコンスタンス・タルマッジ主演にてF.N 社にて製作されたことがある。

ストーリー

上海で中国人のホップ・トイが娘のミン・トイを奴隷に売ろうとした時、ビリー・ベンンソンと言う米国の青年が現れ、その忠言によって中国人のロー・サン・キーが彼女を買い取り、米国サンフランシスコの店に伴い帰った。ミン・トイは無邪気な娘で米人のためす所がみな良いことと思いその真似をして暮らした。中国街の悪人頭目チャーリー・ヨンは、このミン・トイの美しき姿を見てから嫁にくれとロー・サン・キーに迫っていた。ロー・サン・キーがこれに弱りぬいている時ビリー・ヴェンスンが帰って来て、ミンを自宅に引き取った。そして両親の反対を顧みず妻にしようとした。彼女を思い切れぬチャーリー・ヨンが襲ったりした事件があった後、今まで中国人の娘と思われていたミン・トイはホップ・トイの告白により幼少の頃さらわれた白人の娘と判明し、ビリーの両親も2人の結婚をゆるした。...

作品データ

原題 East Is West
製作年 1930年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi