バワリー25時
ホーム > 作品情報 > 映画「バワリー25時」
メニュー

バワリー25時

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

マーク・サフリンのシナリオをライオネル・ロゴーシンが製作・監督したバワリーの1日を撮るドキュメンタリー・ドラマ。撮影はリチャード・バグリー、音楽はチャールズ・ミルズが担当した。出演はすべて実際のバワリーの住人でレイ・サリヤー、ゴーマン・ヘンドリックス、フランク・マシューズらすべて素人である。なお56年のベネチア映画祭記録映画グランプリ、イギリス・アカデミー最優秀記録映画賞をそれぞれ受賞している。

ストーリー

大都会ニューヨークの貧民街バワリーは、人生の競争に疲れ、生活に疲れた人間が、最後にやって来る街だ。バワリーでは、酒にひたり、路上で夜をあかす人が多い。宿賃がないうえに、酒が唯一の楽しみとなっているからだ。ある日、流れ者の鉄道工夫レイ(レイ・サリヤー)が金にするための衣類の入ったトランクをさげてこの街にやって来た。少しばかり貯めた金で、逗留するためであった。早速入った酒場で、この街の古顔ゴーマン(ゴーマン・ヘンドリックス)と知り合ったレイは、衣類を泥棒市で売ると、その金で飲みまくった。そしてゴーマンは、酔いつぶれたレイを置いて、トランクを持つとどこへともなく去った。文無しのレイは、日雇いで1日の稼ぎを得て、酒を断つため教会に泊ろうとしたが、酒の恋しさに勝てず、今日も路上で朝をむかえた。一方ゴーマンは、トランクを売った金で簡易宿泊所に泊った。そこには、過去の思い出にすがって、ひっそりと生きる人々の群れが集まっている。翌日、意気消沈したレイに会ったゴーマンは、トランクを売った金の一部を与え、バワリーを出るよう勧めた。レイと別れたゴーマンは、酒を飲み、仲間と談笑して、昔話に花を咲かせたが、レイのことに話が及んだ時、仲間の1人が“彼は戻ってくるさ”と半ば確信をこめて、話すのだった。...

作品データ

原題 On the Bowery
製作年 1954年
製作国 アメリカ
配給 東和

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第30回 アカデミー賞(1958年)

ノミネート
長編ドキュメンタリー賞  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「バワリー25時」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi