二重の抵当
ホーム > 作品情報 > 映画「二重の抵当」
メニュー

二重の抵当

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ウィルキー・コリンス氏の有名な小説「白衣の女」The Woman in Whiteを、レオンス・ペレ氏が脚色及監督して完成した映画で、メイ・マレイ嬢が二役を演じ、其他「運命の指環」「呪いの家」に出演した、ヘンリー・セル氏と、連続劇悪役の第一人者ワーナー・オーランド氏が共演である。

ストーリー

ヴァイオレットとデイジーは双子の姉妹であり乍ら、幼い時に別れた為自分に姉妹のある事も知らずに花恥しき年頃迄育って来た。父の手許に何不足なく暮して居るヴァイオレットは贅沢三昧に日を送って居るが一方母の許にあるデイジーは衣食にすらも事缺く始末であった。然も憐れな事にデイジーは富豪なる我が真の父ハリー・ホワイトと自分とが、切っても切れぬ骨肉の関係なる事を証明する書類が、心良からぬジョン・ベントの手中にある事を知らなかったベントはデイジーの此世にある事を父なるハリーに隠し、この双子の姉妹を利用して自身甘い汁を吸って居る。デイジーは学校へ送られたが程なく病を得て世を去る。ベントはヴァイオレットと結婚してその財産を手に入れるや、彼女を気狂いとして病院に幽閉したが、彼女はやがて恋人となるボッブ・アンダースンに救け出された。...

作品データ

原題 Twin Pawns
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi