鉄蹄乱舞
ホーム > 作品情報 > 映画「鉄蹄乱舞」
メニュー

鉄蹄乱舞

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「アリゾナの天地」の作者たるリチャード・アレン・ゲイツ氏作の物語をJ・ウォルター・ルーベン氏とサム・ミンツ氏とが脚色し、「野薔薇」「金髪か黒髪か」「殿様専門娘」と同じくリチャード・ロッスン氏が監督した西部劇で、主役は「青春の喜び」に出演したパラマウント俳優学校卒業生の一人ジャック・ルーデン氏で、「オール持つ手に」出演のサリー・ブレーン嬢と「暗黒街」「決死隊」等出演のフレッド・コーラー氏が相手役を演じている。

ストーリー

モンタナ州で牧畜を業としているパンハンドル・スミスはある日野馬の大群を自分の牧場に追い込んだ。すると牧場内に建てていた旅人の天幕が踏潰されてしまったのでスミスは気の毒がりその見知らぬ男と娘を家に伴い帰った。スミスは娘と恋に陥った。そして彼の牧場監督ディックも娘に懸想したので自然2人の間には睨み合いが始まった。娘の誕生日に盛大な祝いが催されたとき出席した判事から、ブレークというお尋ね者が近在に来ていると聞かされた旅の父娘は酷く驚いた様子であった。娘に暴行を加えようとしたディックは牧場を放逐された。その翌日判事の許へお尋ね物の人相書が送られると知った父娘は級にスミスの所をさろうとした。不審に想ったスミスが訊ねると人相書の御当人は娘の父親であること、ただし事実は冤罪であることが判った。スミスは人相書を積んで来る馬車を途中で待ち伏せて郵便函もろとも奪い取って岩蔭に隠した。スミスの跡を尾けていたディックはこの函を横取りした。函の中には村の公金が入れられてあった。万事休したスミスは逃走を試みたが、遂に捕らえられ私刑に処せられようとした危うい時、老人の無罪の通知が届いたので辛うじてスミスは死を免れた。...

作品データ

原題 Shooting Irons
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi