争奪の妻
ホーム > 作品情報 > 映画「争奪の妻」
メニュー

争奪の妻

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「七羽の白鳥」「白薔薇の君」等主演のマーゲリット・クラーク嬢のファースト・ナショナル社発売の自社第一回主演映画。アデレード・マシウス女史マーサ・M・スタンレー女史合作のかつて紐育に大好評を博した同名の舞台喜劇を映画化したもので、監督者はエドワード・H・グリフィス氏である。相手役は日本には余りお馴染みの少ないレオン・ゲンドロン氏。

ストーリー

メエリー・ルシル・スミスは女学校の寄宿舎でほんの茶目っ気から深夜の夜食会を催した為退校を余儀なくされた。丁度その席に来ていた青年ジョンに求婚された時、彼女は乱暴にも承諾実行してしまった。然し彼女の父はジョンを好まずメエリーが渡欧中此の結婚を取り消した。彼女は帰米後ラリーという青年に心から恋したが未だ自分が人妻と信じ、独り心を痛めラリーに嫌われるを恐れ彼に夫の死を偽り告げた。其後ラリーの妹の主催で或宴会が催され彼女が出席して見ると図らず其処へまだ夫と信じているジョンが新妻を連れて来合せた。ラリーに対してメエリーが、新妻に対してジョンが各々昔の2人の軽率な結婚の事実を秘める為の努力が喜劇に喜劇を生む。そして結局ラリーとメエリーと晴れて恋を語る身となった。...

キャスト

作品データ

原題 Scrambled Wives
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi