尖端脚化粧
ホーム > 作品情報 > 映画「尖端脚化粧」
メニュー

尖端脚化粧

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ストリート・ガール」で端役を勤めて認められたエキストラのジューン・クライド嬢が抜擢されて一躍主役を演ずる映画で、「ハロルド・ティーン」「曲者待った」のアーサー・レイク氏と「躍る曲線美」「最後の先駆者」のサリー・ブレーン嬢が相手役を勤め、「四人の息子(1928)」「巴里酔語」のアルバート・グラン氏「マネキンの夢」「彼女は戦に行く」のエドモンド・バーンズ氏、「巨人」「サブマリン」のドロシー・レヴィア嬢、「ナイト・パレード」のアン・ペニントン嬢等が助演するミュージカル・プレイである。ジョージ・ハル氏の原作により「タキシー十三号」「恋のサーカス」のマーシャル・ニーラン氏が監督し、「ストリート・ガール」「錯覚恋愛」のレオ・トーヴァー氏が撮影したもの。

ストーリー

ペギー・レイノルヅはビルというとてもモダンな恋人を持っていたが、彼と楽しく恋を囁くには彼女は心配が多過ぎた。それは父親がライオンス・キング夫人と名乗る怪しげな未亡人に操られて家を外にして現つを抜かしていること、妹のジャネットがダーロウという女たらしの悪者に惚れていることで、ペギーは何とかして妹や父親の迷夢を醒ましてやろうとヤキモキしていたのである。ペギーとビルとは尖端的なモダン・ボーイとモダン・ガールとの倶楽部の会頭格でその方でも隨分忙しい思いをしなければならなかった。ペギーはダーロウが強喝取材の常習者で妹のジャネットが書いたラヴ・レターを持っていることを知ったので、それを取戻そうと深夜寝間着のままでダーロウの寝室に忍込んで手紙を探した。ところが手紙は遂に発見されなかった上に、ペギーが非常梯子を降りて帰るところを宿泊客に見つけられてしまった。ペギーはダーロウの部屋を深夜訪れた理由を明らかにすることが出来ないために社交場では相手にされなくなった。恋人のビルも彼女に疑いの眼を向けたし、ダーロウに惚れているジャネットは姉が自分の恋人を横取りするつもりではないかと邪推してペギーを非難するのだった。ダーロウがジャネットの手紙を始終身につけていることが判ったのでペギーは今度は彼女に同情しているロージャーの助けを借りて、ホテルの屋根で素人のレヴューが催された夜ダーロウから手紙を奪い取る計画を立てた。ところがジャネットはダーロウが碌々彼女を相手にしないので嫉妬に逆上して、その夜は拳銃を持ってレヴュー会場に現れた。一時消燈されロージャーがダーロウのポケットから手紙を掴み取った刹那ジャネットは発砲した。弾丸はペギーに命中した。傷は浅かった。ペギーは両親と妹の前で問題の手紙を取出してジャネットを叱ると共に、父が惚れている未亡人こそダーロウの相棒であることを告げて父の覚醒を促した。そこへビルがやって来たので重荷もこれでおりたからこれから2人で恋を語ろうとペギーは笑いながら言うのだった。...

作品データ

原題 Tanned Legs
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi