戦禍(1925)
ホーム > 作品情報 > 映画「戦禍(1925)」
メニュー

戦禍(1925)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ヘンリー・ウォール氏の原作に成る舞台劇に基づき、「ブライト・ショール」等を脚色したエドモンド・グールディング氏が脚色し、「永遠の嘆き」「青春の血に燃えて」等と同じくローランド・V・リー氏が監督した。主役は「紺碧の空の下に」主演のジョージ・オブライエン氏「女難襲来」「離婚」等出演のマーガレット・リヴィングストン嬢「楽園の美神」「名馬の蹄鉄」とう出演のマッジ・ベラミー嬢「震天動地」「灯消えぬ」等出演のウォルター・マッグレル氏等で、その他にもデイヴィッド・バトラー氏やバートラム・グラスビー氏等が出演している。大掛かりな戦争を背景にしたロマンスである。

ストーリー

浮気心の美しい女ヴァイオレットは英国陸軍大尉ロディー・ダントンと許婚の仲であったがダントンが出征して戦地に苦戦を続けているうちにも、彼女は歓楽の日々を続けていた。ダントンの学校友達のディック・チャッペル中尉もヴァイオレットを恋していたが、彼は男らしく恋を諦めていた。彼は休暇を得て英国に帰りダントンの贈り物を届けにヴァイオレットの許を訪ねたが彼女は真面目なディックを一時の浮気心から誘惑した。ディックを恋しているダントンの妹テシーは、二人の抱擁を発見したので、ヴァイオレットは一時逃れにダントンとの婚約を取り消す手紙を書いてディックに渡す。彼はそれを携えて戦地に帰りダントンに届けたので、ダントンは憤激し、退却の命令の下った時、それを秘してディックを危地へ進出させ、これがためディックは毒ガスで失明したが、彼は親友の名誉を思ってダントンから退却の命を受け取ったと発表した。我が行いを恥たダントンは自殺を遂げた。後送されたディックはテシーの優しい看護のうちに病院生活を続けるうちヴァイオレットから破約の手紙が届けられた。テシーは盲目のディックにその手紙の内容を偽って読んだ。しかしディックはやがてヴァイオレットの真情を知り、彼女を罵りテシーと幸福な生活に入る。...

作品データ

原題 Havoc
製作年 1925年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi