スタムブールの處女
ホーム > 作品情報 > 映画「スタムブールの處女」
メニュー

スタムブールの處女

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「泥中の薔薇」「愛と光明」「飾りなき女」「波間の花弁」等を監督したトッド・ブラウニング氏が、ジウエル映画のスターになったブリッシラ・ディーン嬢を主役として完成した7巻劇で、嬢の対手はこの映画完成後嬢と結婚したウィーラー・オークマン氏で、エキゾティックの香高き情緒纏綿たる物語である。

ストーリー

トルコの首都コンスタンチノーブルの近くスタムブールの村、美しい乞食の娘サリは駐屯して居る米国のペムバートン大尉を恋した。一日彼女は大尉が、サリの魂はスタムブールの往来のように汚ないと告げられているのを見て、魂を清める祈りをするため女人禁制の寺院に駆け込む。ここでサリは長老のハミッドが復讐のために人を殺したのを見た。その後彼女はハミッドの婦人部屋へ連れて行かれるが、サリは常に反抗していた。ペムバートン大尉はあの熱情的なサリの姿を求めて砂漠からスタムブールへ帰って来た。ハミッドは大尉とサリの三人を捕えて城門の外なる我が陣営へ連れ去る。しかしサリは逃れ、大尉の本隊に急を報じて騎兵隊の力を借り、トルコ人と大激戦の末大尉を助け出し、やがて二人の恋は半月旗の下に咲き出でる。...

作品データ

原題 The Virgin of Stamboul
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi