乗馬警官
ホーム > 作品情報 > 映画「乗馬警官」
メニュー

乗馬警官

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「曠野に叫ぶ(1921)」等の原作者ラルフ・コンナー氏の有名な小説「カメロン伍長」Corporal Cameronをフェイス・グリーン氏が脚色し、ヘンリー・マックレイ氏が監督したホドンス映画である。主役は「ユーモレスク(1920)」等のガストン・グラス氏、その他その後ユ社の監督となったアーヴィング・カミングス氏、ヴィヴィエン・オスボーン嬢、最近多数にラッセル主演映画の公開されているジョージ・ラーキン氏等が共演している。

ストーリー

スコットランドの大学生カメロンは小切手偽書事件で故郷を出てカナダに渡り農園で働くうち主家の娘マンディーと恋仲となった。ところが雇人パーキンズの嫉妬をうけ一夜負傷させられた。友人や恋人の看護に全快した彼は、彼女を諦め北部に至り鉄道敷設工事に従ったが酒の密売事件に無実の罪で捕らえられた。しかし彼の申開きは立ち却って警官に採用された。勇躍悪漢の逮捕に向かった彼は悪漢の一人ボッブに昔の小切手事件を発かれ免職された。やむなく再び鉄道工事に従事するうちに今は看護婦となっているマンディーに会う。其後カメロンは昔の小切手偽書が悪漢ボッブの仕業であった事を確証し、又パーキンスが拐した恋人を取り戻し、再び警官に任命され、恋人と楽しい生活に入った。...

作品データ

原題 Cameron of Royal Mounted
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi