殺人ホテル
ホーム > 作品情報 > 映画「殺人ホテル」
メニュー

殺人ホテル

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「男の魂(1935)」「女は要らねえ」と同じくエドモンド・ロウとヴィクター・マクラグレンとが主演する映画で、原作をヴィンセント・スターレット作の探偵小説「殺人の処方箋」に取り、「ママはパパが好き」のアーサー・コーバーが脚色、「荒馬スモーキィ」のユージーン・フォードが監督、「フープラ」「歓呼の嵐」のアーネスト・パーマーが撮影した。助演者は英国の舞台から米国に逆戻りしたローズメリー・エイムス、「地下街」「旅鴉子供連れ」のメアリー・カーライル、「死の本塁打」のC・ヘンリー・オニール、「彼女の家出」ジョン・クェーレン、「僕はカウボーイ」のジョン・レイ、昔鳴らしたマッジ・ベラミー等である。

ストーリー

探偵小説家で自惚れの強いロージャー・ブラックウッドと、古手の警官上りで今はホテル附きの探偵をしているアンディー・マクケーブとは事ごとに角突き合いをしていた。所がこのホテルにいた医師のテンプルの室で死体が発見された。最初は心臓麻痺で死んだものと推定されたが、実は毒殺であり、しかもこの死体の主は前夜テンプルの室を一晩だけ借りに来て宿泊した人物だと知れた。その夜、アンディーがホテルのムーアと犯跡を捜索中、ムーアは何者かに瓶で殴られて人事不省となった。その一方、ロージャーは犯罪の行なわれた室の向い側に死者の妻エリナー・ブレイクが泊まっていたことを突き止めた。所が、ついで奇怪なことにはエリナーとムーアがその後、行方不明となった。アンディーはロージャーを怪しいと睨んで捕らえたが、ロージャーは逃れて足跡を辿って犯人逮捕に急走する。ここでロージャーとアンディーとは互いに懸命に犯人発見の競争をする事となり、先ずロージャーがムーアの行方を突き止めて彼を捕えた。またアンディーは一軒屋でエリナーが負傷したテンプルを看護しているのを発見する。ムーアは犯人はロージャーとテンプルとであるとアンディーに告げた。所が、一行がこの小屋へ乗り込んだ時に、ムーアがロージャーを狙撃せんとするのを見て、彼こそ犯人と察したアンディーはムーアを殴り倒す。で、結局、犯人はホテルに宿泊していた銀行家ハーヴェイであり、ムーアは彼に雇われていたという事実が判明した。ハーヴェイはエリナーと駆け落ちせんとしていたのを、彼女の夫に悟られたので彼を殺したのであった。...

作品データ

原題 The Great Hotel Murder
製作年 1935年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

ハリウッド西部劇映画 傑作シリーズ DVD-BOX Vol.4[DVD] ハリウッド西部劇映画傑作シリーズ 懐しのアリゾナ[DVD] 善人サム[DVD] 犯罪王デリンジャー[DVD]
ハリウッド西部劇映画 傑作シリーズ DVD-BOX Vol.4[DVD] ハリウッド西部劇映画傑作シリーズ 懐しのアリゾナ[DVD] 善人サム[DVD] 犯罪王デリンジャー[DVD]
発売日:2013年6月7日 最安価格: ¥13,608 発売日:2013年9月6日 最安価格: ¥2,388 発売日:2014年11月25日 最安価格: ¥3,528 発売日:2014年8月25日 最安価格: ¥3,528
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi