酒の神よさらば
ホーム > 作品情報 > 映画「酒の神よさらば」
メニュー

酒の神よさらば

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「禁酒御免」「宣伝第一」等同様ブライアント・ウォッシュバーン氏主演のパ社映画で、原作はホルウォーシー・ホール氏及びヒュー・カーラー氏の小説。エルマー・ハリス氏が脚色し、多くのウォッシバーンーズ絵画や「未開の人」等の監督者として又「散り行く花」に出演して知名のドナルド・クリスプ氏が監督した。相手役はワンダ・ホウリー嬢。

ストーリー

禁酒令は全米の飲み助を駭かした。若手6人組と名を取った社交界の青年も之れには参った。しかし紳士として酒なきも恥なりという妙な考えから仲間の1人カーペンターも禁酒令発布の前、酒庫には豊富な貯蔵ありと吹聴した。ところが仲間の晩餐会が彼の家出開かれる事となり、忽ち嘘が発覚しそうなので、妻を仮病に仕立てて会をお流れにしようとしたが、折柄偶然にも伯母の手から飛び切りの葡萄酒が手に入り、俄然仮病は全快し前触れ華々しく宴会は開かれた。しかし当日となって高価な其酒瓶は悉く空である事がわかった。彼は苦しまぎれに宴会の席上禁酒した旨を発表してしまう。此事を聞いた町の保守主義者は彼を社会的に表彰する事になった・・・・が皮肉にも其時また幾万ドルという効果な酒が彼の手に入る事となった。酒と名誉との板ばさみ。彼は一体どうしたろう。...

作品データ

原題 The Six Best Cellars
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi