湖上の一夜
ホーム > 作品情報 > 映画「湖上の一夜」
メニュー

湖上の一夜

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アニタ・スチュアート嬢がルイズ・B・メイアー氏の許でファースト・ナショナル映画を製作し始めての第1回作品である。監督は「奇跡の人」で名を挙げたジョージ・ローン・タッカー氏。原作はコスモポリタン雑誌に連載されたオーウェン・ジョンソ氏の小説である。「監督手腕の優秀なために興味深いものとなっている。」とはピーター・ミルン氏の評。

ストーリー

アミーの夫アンドルー・フォレスターは20年間ただ営々と働いてきた男であった。モーリス・デラバーという鋼鉄会社の社長はフォレスターの会社を買収しフォレスターは1年5万ドルの俸給で自分の会社で雇おうと思っているのである。ところがフォレスターは1年2万5000ドルの収入に満足していて、彼の申し込みを承諾しない。そこでデラバーは田舎の壮麗な別荘にフォレスター夫妻を招いた。軽薄なデラバー夫人イルマをフォレスターはそれと知らず賛美し、夫人からの薦めで結局デラバーの申し出を承諾する。そのため彼等は1年間西部へ行って鉱山において日を暮らさねばならなかった。その留守中アミーはイルマにならって、できるだけ多くの男子と交際するが、決してある1人と特別に親しく交際しないというイルマのいわゆる「貞操な妻」たるべくつとめた。そのうちイルマの想っているモント・ブラックンがアミーに近づくのを嫉んだイルマの計らいから、フォレスターは急いで西部から帰ってきた。そしてしばらくの間にアミーの性格が全然違ってしまったことを見て驚いた。彼はイルマの軽薄さを見破り、かつ今までアミーに夫としての充分の愛を捧げていなかったことに気づいた。彼は妻に欲するならば西部へ来たれと言い残して西部へ帰った。アミーはデラマーの子供の水に溺れんとするのを助け、それによってデラマー夫妻の仲を元の鞘に収め、西部に待つ夫の許へ急いだ。...

キャスト

作品データ

原題 Virtuous Wives
製作年 1918年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi