恋は真平
ホーム > 作品情報 > 映画「恋は真平」
メニュー

恋は真平

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「風雲のゼンダ城」を監督したヴィクター・ヒアマン氏の原作、脚色、監督になる喜活劇で、主役は「荒れ狂う猛将」「夜の馬鹿」等出演のオーエン・ムーア氏、相手役には「風雲のゼンダ城」「経験(1921)」等出演のマージョリー・ドウ嬢で、その他ショーロット・ミノウ嬢、アーサー・ホイト氏、スニッツ・エドワーズ氏、アリス・ホウエル嬢等が共演している。

ストーリー

アントニー・チャーチルはヘレン・グリグスと結婚しようとした時、ヘレンの父から6カ月の試練を課せられた。父はアントニーが今まで身持ちの悪かった事を知っていた為である。アントニーがかつて恋したマリオンという女は、彼の書いたラブレターを持って現れ、結婚不履行を訴えると脅かした。アントニーは下男の妻を妻君と偽り借りて来た子供達を見せて既に結婚した事にしたので、マリオンも仕方なく一度は引き下がった。しかしヘレンがこれを見て、アントニーの不信実を嘆き悲しんだ。アントニーと友達とはマリオンの室から証拠の手紙を盗み出そうとして捕らえられたが、マリオンとその弁護士とは共謀してアントニーとグリグス家から莫大な金を得ようとしていた恐喝者であると判り、万事都合よく解決する。...

作品データ

原題 Love is an Awful Thing
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi