決闘の谷(1952)
ホーム > 作品情報 > 映画「決闘の谷(1952)」
メニュー

決闘の谷(1952)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「地獄の銃火」のウィリアム・エリオットがアライド・アーチスツに移って名をワイルド・ビルと改めてからの作品(1952年作)で製作はヴィンセント・M・フェネリー。「カナダ平原」のジャック・デ・ウィットとジョセフ・ポーランド合作のオリジナル脚本をルイス・D・コリンズが監督した。撮影監督は「モヒカン族の最後(1934)」のアーネスト・ミラー、音楽はラウル・クローシァーの担当である。エリオットを助けてマイロン・ヒーリー、フィリス・コーテス、「無法地帯」のファジー・ナイト、アーサー・スペインらが出演する。

ストーリー

北ダコタ、ファーゴの町が硝煙の匂いに明け暮れていた頃。無法な家畜業者がしかけた牛馬の大群の暴走で弟を失ったビル・マーティン(ワイルド・ビル・エリオット)は仇討のためファーゴにやって来た。穏健な家畜業者マッケンジーとその娘キャシー(フィリス・コーテス)に迎えられた彼は、到着早々町の酒場で乱暴者のレッドと殴り合いになりレッドをのばしてしまった。ビルは農耕地を荒らさずに家畜を保つには鉄条網の囲みをつくるのが最良と考え、気のいい老爺タッドの助力を得て鉄条網製造を始めた。悪辣家畜業者たちはこの仕事を妨害し、訴訟になったが彼らは敗訴した。悪の親玉オースティンはレッドたちに命じて鉄条網作業を襲撃させ、機械を破壊し、タッドを背後から撃ったが、気丈なタッドは傷をこらえて急をビルに告げた。ビルは直ちに作業所に駆けつけたが悪人どものワナにかかって捕らえられた。町の公会堂でダンス・パーティーが始まろうとしたとき、幕のかげから鉄条網の大包みが現れ、鉄線を切ると中から傷だらけのビルが出てきた。キャシーの看護で傷の回復したビルと町の人たちは鉄条網を巧みに利用して悪人一味を包囲し一斉に火ぶたを切った。不利と知った無頼漢どもは白旗を掲げて降参したが、ビルはレッドだけが見当たらぬのに気づき、岩をよじ登ってレッドを見つけ出した。レッドは降参したと見せて拳銃を発射したが、一瞬早くビルの拳銃はレッドを倒した。平和になったファーゴの町で、英雄ビルのかたわらにはキャシーの微笑があった。...

作品データ

原題 Fargo
製作年 1952年
製作国 アメリカ
配給 日本アライド・アーチスツ映画会社=映配

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi