禁断の谷
ホーム > 作品情報 > 映画「禁断の谷」
メニュー

禁断の谷

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「懐かしのケンタッキー(1919)」や「森林の勇者」等と同じように、ケンタッキーの山に住う両家の争いを題材としてあるが、新味ともいうべきは、両家の息子と娘が恋仲にならない事である。ランドルフ・ルイス氏の原作で、J・スチュアート・ブラックトン氏自身監督せる映画。主役2人は「鐘の鳴る家」と同様ブルース・ゴードン氏と、メイ・マカヴォイ嬢とである。敵役のウィリアム・R・ダン氏は今までと異り、違った性格の男に扮している。

ストーリー

ケンタッキーの山々に囲まれた禁断の谷にベン・リー老人は孫娘のモーニング・グローリーと、薄馬鹿ではあるが働き者のデーヴと暮らしていた。リーの家は数代に渡って、ミッチェル家と仇敵の間柄であって、永い間の争闘により、リー家の方はベン老人とグローリーの2人に、ミッチェル家の方は只1人の小児を残して全滅した。その子供は15年前ドミニー・ジョーンズに救われて他国に渡ってしまったのである。政府の測量官ジャック・ウィンスロウは禁断の谷間へ来た。彼はモーニング・グローリーと恋に陷ったが、デーヴはこれを妬み、ジャックが生き残ったミッチェル家のものであって、リー家のものを害さんために、この谷間に来たのであるとベン老人を唆かした。老人が銃を持って都へ去ったジャックの跡追うた時、強烈な酒を煽っていたため路傍に倒れた。デーヴは娘に、ジャックが彼の祖父を殺したと告げたので、娘はジャックの跡追うて、彼を狙撃した。彼女が家へ帰った時、死んだ筈の祖父は生きていた。そして、15年前ミッチェルの子供を連れてこの地を去ったジョーンズ老人が帰って来た。傷ついたジャックも、愛する娘が自分を狙撃したのだとは知らず、傷の手当をするために帰って来る。ジョーンズ老人は、彼等の慈悲で生きている薄馬鹿のデーヴこそミッチェル家の最後の人間であることを告げた。事情は判って禁断の谷には永久に平和な風が吹き始めた。...

キャスト

作品データ

原題 Forbidden Valley
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi